スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラファエロ展

こんにちは。

最近引っ越し等で忙しすぎる相沢です。

今日は久しぶりにパソコンに迎える時間が出来たので、

ラファエロ展について書こうと思います。

ラファエロ展には、3月8日に行ってきました。

ラファエロは、1483年4月6日に生まれ,1520年4月6日に亡くなっている。

そう、誕生日と没日が同じなんですね。更に、私の誕生日とも同じなんですね。

彼は、ルネサンスを代表するイタリアの画家です。良い時期に、良い国で生まれましたよね。

彼の作品は、ヴァチカン宮殿に多く残されているそうです。

ヴァチカン宮殿、、、村上たか(ry

さて,今回の企画展を簡単に言うと以下のようになります。

企画展ではあくまで「聖母子を描くラファエロ」という側面でしか演出しておらず、

「アテネの学堂を描くラファエロ」という側面が剥ぎ落されていた。

つまり、企画展というのは画家の全体像を見る事は不可能。

アテネの学堂が好きすぎる私にとって、アテネの学堂を見れないとかね、マジなんなのwwって思っちゃいますね。

まぁそれはいいとして、ラファエロの話にうつりましょう。

ラファエロと同じく、ルネサンスの時代に、イタリアで活躍した画家にピントリッキオがいます。

ピントリッキオの宗教画は、ラファエロの作品とよく似ていて、やわらかーい感じです。

ピントリッキオの作品、『幼児洗礼者ヨハネと聖母子』(1500-1501)が展示されていました。

この作品は、聖母子と幼児は同じ方向を見ています。

しかし、ラファエロの『大公の聖母』(1505‐1506)の聖母子と幼児は、同じ方向をみていません。

なぜでしょう。

私は知りません笑

ただ,この視線に関する研究はいくつかあるみたいです。

もっとキリストの勉強せねばならぬなぁ。

さて。

フィレンツェにおけるラファエロは、

主に上流貴族の注文による肖像画と聖母子像の作品が多かったそうです。

なぜラファエロは聖母子像にこだわっていたんですかね。

それから、ラファエロは、ダビンチの作品をよく研究していたそうです。

美術がわかる人は、ラファエロの作品をみながら、「あぁ、ここはダビンチっぽい描き方だな」とかがわかるらしく、企画展にも色々と説明が書かれてありましたが、

残念ながら私にはわかりませんでしたww

私がこの企画展を見た全体的な感想として、

ラファエロは、象徴的な小物(十字架のネックレスなど)をよく描いているように思いました。

また、ラファエロの初期の作品の特徴として、細かい刺繍などの精密な描写が多かったそうです。

ということは、後期の作品になっていくほど、

象徴的な小物は抽象化していく。

私の予想だと、

暗示に対する鑑賞者の想像の幅を拡げた、

と見ることも可能でしょう。



このブログは、自分で書いたメモを見ながらかいているのですが、

マルカントニオ・ライ モンデイの『三美神にプシュケを示すアモール』という作品について

「エロさが無い」ってメモってるんですよね。

ぶっちゃけどーでもいーですよねww

『最後の晩餐』の壺が気になる

国立西洋美術館の企画展のラファエロは、私の知識不足でよくわからなかったけれど、

常設展はめちゃくちゃ面白かった。

フランソワ・ミレー『春(ダフニスとクロエ)』
わかりやすい象徴がいくつもある作品

モネ『黄色いアイリス』
補色がとってもキレイ!!
私は、ゴッホの描くアイリスはいくつも見てきたが、モネの描くアイリスは初めて観た。
荒々しいタッチで描く理由がわからない。

モネ『舟遊び』
こんな有名な作品に出会えるなんてええええええええ!!!!
舟の構図(途中でブツ切りする)は、日本の浮世絵を参考にしたものらしい。

モネ『柳』
モネの作品なの?ってくらいに暗い。でも下の水の描写は確かにモネっぽい。

カロリュス・デュラン『母と子』
白いバラはパパ?だとしたら、パパ、散ってるよwwパパ不在の心理だよwwww

オーギュスト・ロダン『永遠の青春』
アモールとプシュケーみたい。

マールテン・ド・フォス『最後の晩餐』
壺が気になる

パニーニ『古代建築と彫刻のカプリッチョ』
哲学者デイオケネスが彫像相手に物乞いしている絵。
おもしろすぎるww絵を見ながらセリフを考えてみたり。

藤田嗣治『坐る女』
てかさー、藤田嗣治の作品に出会えるとかさーマジで幸せすぎるんだってば。

それと、作品の名前はメモしてないからわからないけれど、ピカソの作品で、1965年と1969年では、全然描き方が違うのね。この間に、彼の中で何があったのだろう。

アニメの源流だと思われる仙厓義梵

3月9日に、府中市美術館の企画展に行ってきました。

テーマは、「かわいい江戸絵画」でした。

む、村上某氏の『カワイイ』とかゆー作品の原点にもなりそうな、ね。

さて。みなさまにぜひ知ってほしい日本画家がいます。

その名は、仙厓義凡。せんがいぎぼん、と読みます。

彼の作品のインパクトが強すぎて、私は美術館を出たら彼の作品しか覚えていないという事態に陥りましたwwww

本当に、ディープ・インパクトです。

特に最高峰インパクトな作品は、

『義経と弁慶図』です。

ぼーっとみながら、周囲から

「ってかマンガじゃんww」との言葉を多数聞きました。

ホントに、筆ですらぁって書くマンガな作品なんです。

しかも、ただのマンガ絵ではありません。

彼の最大の特徴は、愛嬌のオンパレードなのではないでしょうか。

『義経と弁慶図』で興味深いのは、義経が後ろを向いて、あたかも

「へっへっへwwwww」

って言いそうな姿勢をしているのです!!

本当です。

もう愛らしくてたまらん。

とぼけんじゃねーーーーー!!って叫びたいくらいかわいい。

彼の絵が今回の企画展でいくつも展示されていたのですが、

もうひとめで彼の絵だってわかりますね。

どれも愛嬌たっぷり。

ちっちゃい妖怪がお尻ふってダンスするとか。


ほかにも可愛い作品がいくつもあったのでご紹介します。

耳鳥斎(にちょうさい)『見立西行図』

この作品は、西行を見送る人々が描かれた絵なのですが、

肝心の西行が描かれていないんですね。

要するに、鑑賞者の想像におまかせ。

これを見て、私は朝井リョウの『霧島、部活辞めるってよ』を思い出しました。

いや、私は原作も映画もみてないのですが、

聞くところによると、主人公が出てこないらしいじゃないですか。

なんだか似ているなぁと。



元信印『唐子遊図屏風』

ウォーリーをさがせみたいだった。



鈴木松年『蛙と蟹図押絵貼屏風』

これはイキすぎる!!

特に私は蛙ちゃんの粋な出で立ちにキュンキュンしました。



柴田是真『雛図』

掛け軸も一枚の絵になっていて斬新だった。

本当に面白かったので、この企画展はオススメです。

エル・グレコ展

こんにちは。

エル・グレコ展には、3月8日に行ってきました。

エル・グレコは、1541年に生まれ、1614年に没した、

現在のギリシャ領クレタ島、イラクリオン出身、マニエリスム後期の画家です。

すっごいちっちゃい島なんですよ、クレタ島って。

どんな気持ちで画家になってやろうと思ったんだろう、ってちょっと気になりました。

あと、マニエリスムって、マンネリの語源と聞いているのですが、

彼の作品は全くマンネリじゃないですよね。

さて,私のメモを辿りながら彼の作品を見ていくことにしましょう。

『聖ヒエロニムス』(1600) これは、象徴、シンボルのオンパレードの作品でした。
みればわかりますww

そういえば。

エル・グレコの作品をずっと見ていくと、なんとなく映画監督の小津安二郎を思い出すんです。

私みたいなドシロートが小津さんを語るとかかなり怒られそうなんだけどww

小津作品に出てくる赤いやかんとか、象徴主義を匂わせると私は思うんですよね。

『悔悛するマグダラのマリア』(1576)という作品の、左下のランプをみたときに、

小津安二郎の映画作品に出てくる赤いやかんを思い出したんです。

そこで私は思ったんです。

小津監督は象徴主義に近いものを持っていたのではないかと。

でも専門家や学者は一切そんなことを言っていそうにないので、

あまり言わないようにしておきますww

今回の企画展は、ほぼ宗教画で埋め尽くされていました。

私は本当に宗教画には疎いので、

以上もう何も書くことがありませんwwww

勉強不足でごめんなさい。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。