スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語とセラピーの関係

先日,本屋に立ち寄ったところ,私の関心分野どストライクな内容の本をみつけた。2013年に鈴木涼美が記した『「AV女優」の社会学』である。しかもこの本を公認推薦しているのが,私の好きな小熊英二と北田暁大のお二人ということで,いつか読む機会があればととても期待していた。
 そしてその日はやってきたわけである。がしかし,私がレポートを書くために取った仕事の休日の曜日が,ちょうど図書館の定休曜日であった。私のレポート記述に対する猛烈な情熱は霧となって消えた。
 様々な著書を読み比べながらレポートを進めていくことを断念し,私はwebを利用することにした。したがって信頼性や正確性は落ちる。全国の図書館に幸あれ。
 先述した著書の内容のあらすじは以下のようである。自己を語り,自己を売ることに酔うとき,人はすべて「AV女優」になる。近代社会に普遍的な「中毒」のメカニズムをかく。
 次に,ナラティブセラピーとはどんなものであるかをみていく。
 ナラティブとは物語という意味で,我々はそれぞれの物語を持ち,生きているという考え方が土台となっているのだそうだ。この考え方は,1979年にリオタールが提唱したポストモダンという考え方から影響を受けているそうである。
 ポストモダンという観念は,学生ならば一度は恍惚とその単語の概念を咀嚼する青春を体験するのであろうかと(私とその周囲だけかもしれないが)推測するが,ポストモダニズムとは要するに,世界で共有される一つの大きな物語が解体された,という内容である。
 このナラティブセラピーでの治療者の役割は,クライエントとの対話によって新しい物語を創造することである。セラピーの目標は,新しい物語や解釈による新しい意味を発生させることによって,問題を問題でなくしてしまうことである。
 さらに言えば,治療者の持つべきスタンスも,目の前にいるクライエントに対する好奇心である,とされるそうだ。
 はた迷惑な治療者だと思ったのは私だけではなかろう。
 はた迷惑なこの部分に,私は先ほど挙げた著書をもう一度振り返りたい。クライエントに対する好奇心を持つ治療者,自己を語るクライエント。経済の流れ方を考慮しなければ,これはまさにAV女優とその鑑賞者ではなかろうか。
 この著書の結論はわからないが,AV女優でもクライエントでもなく,日常でもこのようなことは頻繁に見受けられる。
「小さいころに,親から愛情を受けずに育ったから私は,自分を傷つけることを辞められずにいる」などと,滔々とケータイ小説に投稿する自称女子高生。
「自分が今までつらい思いをしてきたのは,自分の心が悪いんじゃなくて,社会が悪いからだったのかもしれない。社会学者の愛人になれば,社会システムを掌握し,人生はもっとのびやかになるかもしれない」と自分の中で幸福に至るまでの正しい啓発であるかのような道筋を立て,早々と実行に移してしまう人。
 全部私である。赤面必須である。これはネタだが,以下に,少し社会心理学に近い話を書いていく。
 現代社会では,何かと自己責任を問われる。または,その今ある人生は,当事者の自由意思,自由選択によるものだとみなされる。自己責任という認識が,すでに社会の中で無意識に身体化している。
 しかし,実際は自己責任だけですべて語られるものではない。人が人生を選択し,進んでいく過程で有用な要素となるのは,教育環境,資本的リソースなど,外部因子によって決定されることも多い。
 当事者の苦しみの原因を内部的起因とするか外部的起因とするか。後者を考える際に重要なテクニックに,Externalizing of Problemがある。これは,ナラティブセラピーで最も有名なテクニックなのだそうだ。
 とりとめの無い話になってしまったが,結論を言えば,人は語ることで,客観的な真実ではないが,「その人ならではの真実」を紡ぎ,苦しみを昇華する方法を知っている,ということだ。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。