スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴッホ展、リヒテンシュタイン展に行ってきました。

今日は、京都でできた友人と

山県有朋の無鄰菴(むりんあん)、

京都市美術館に行ってきました!

友人いわく

「相沢ちゃんの好奇心に振り回されるの疲れた」そうです。

相沢ちゃんの肉体も

自分の好奇心と感情に振り回されてわりとボロボロなんですが

肉体を駆使してもなお人生をできるだけ破滅的な形で

謳歌していきたいという衝動的欲望が常に渦巻いておるのですよ★☆

さて。

まず無鄰菴から。

とってもキレイなお庭でした!

トキもいて、すごく絵になる写真が撮れました!

次に、ゴッホ展。

以前、名古屋でもゴッホ展をやっていたのですが、

ゴッホの作品のアプローチの仕方は

名古屋でやってたときの方が楽しかったかな。

名古屋では、黄色いアトリエの分析みたいな企画展だったので。

今回は、黄色いアトリエの絵も無かったし、

私の大好きなアイリスの絵も無かったし、

ちょっと物足りなかったです。

でもまぁ、メモしたことを書きます。

1887 アブサンのグラス
ゴッホって、こんなにキレイに水を表現する人だったのか!!私の知ってる描き方とは違う。

1886年の夏には花ばかり描いていた

1887 サン・ピエール広場
もはや描き方がジョルジュ・スーラのパロディにしか見えなかったのはきっと私だけじゃないww
この頃、アニエールという村(まんまスーラの「アニエールの水浴」を思い出した)で、
ゴッホは多くの絵を描いたそう。

1887 ヒヤシンスの球根
日本の貿易会社の木の箱のフタの裏に描いた絵。
そんなところに描くかよwwって思った。



次に、リヒテンシュタイン展に行ってきました。

リヒテンシュタインというのは、画家の名前ではなく、

リヒテンシュタイン家という貴族の名前で、

その名家の所有する作品の企画展でした。

それでは、メモを書きます。

1613 アッローリ ホロフェルネスの首を持つユディト
ユディトの話は、聖書に出てくるものなのですが、画家や作曲家、小説家など、
様々な文化人が感化した作品らしいです。
心理学の講義で「ユディトコンプレックス」というものがありますが、
私は男性に貢ぐこと、つまり自己犠牲が快感なので、
ユディトコンプレックスの要素を何一つ持ち合わせていないんですよねwwww
面白味のない女ですよ、相沢はww
さて、グロが嫌いな私がこの作品の前に立ち止まってじーっと見ていたのには理由があって
それは、ユディトの表情なんですよね。
なんちゅー表情をしとんねんと。
私は彼女の表情を表現するための単語を持ち合わせてはいない。
彼女の表情は記号ではない。

1670年頃 フォラボスコ ゴリアテの首を持つダヴィデ
イケメン(それだけかよww)

1634 レンブラント キューピッドとしゃぼん玉
タイトルからして象徴性プンプンするなww
要するに恋ははかない、気まぐれであるってか。

1735 パニーニ 古代ローマの傑出した遺跡と彫刻のあるカプリッチョ
左下の男のおなかにあるあのデカイの、チンコや
(なんちゅうー雑なメモや)

さてさて。
ずっと前に私は、別の美術館の、
オランダの日常風景を描いた作品ばかりが集められた企画展に行って来たのですよ。
そこで、「なんでオランダは宗教画を描かずに、日常風景や静物画ばかり描いておったのだろう」
と思っていたのです。
が、しかし、今回その謎が解決するようなヒントが見つかりました。
それは、当時のオランダは、偶像崇拝を禁ずるプロテスタントを国境としていたことです。
宗教って人間の人生の幅を広げるのか、制限するのか、よくわからんですな。

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。