スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラファエロ展

こんにちは。

最近引っ越し等で忙しすぎる相沢です。

今日は久しぶりにパソコンに迎える時間が出来たので、

ラファエロ展について書こうと思います。

ラファエロ展には、3月8日に行ってきました。

ラファエロは、1483年4月6日に生まれ,1520年4月6日に亡くなっている。

そう、誕生日と没日が同じなんですね。更に、私の誕生日とも同じなんですね。

彼は、ルネサンスを代表するイタリアの画家です。良い時期に、良い国で生まれましたよね。

彼の作品は、ヴァチカン宮殿に多く残されているそうです。

ヴァチカン宮殿、、、村上たか(ry

さて,今回の企画展を簡単に言うと以下のようになります。

企画展ではあくまで「聖母子を描くラファエロ」という側面でしか演出しておらず、

「アテネの学堂を描くラファエロ」という側面が剥ぎ落されていた。

つまり、企画展というのは画家の全体像を見る事は不可能。

アテネの学堂が好きすぎる私にとって、アテネの学堂を見れないとかね、マジなんなのwwって思っちゃいますね。

まぁそれはいいとして、ラファエロの話にうつりましょう。

ラファエロと同じく、ルネサンスの時代に、イタリアで活躍した画家にピントリッキオがいます。

ピントリッキオの宗教画は、ラファエロの作品とよく似ていて、やわらかーい感じです。

ピントリッキオの作品、『幼児洗礼者ヨハネと聖母子』(1500-1501)が展示されていました。

この作品は、聖母子と幼児は同じ方向を見ています。

しかし、ラファエロの『大公の聖母』(1505‐1506)の聖母子と幼児は、同じ方向をみていません。

なぜでしょう。

私は知りません笑

ただ,この視線に関する研究はいくつかあるみたいです。

もっとキリストの勉強せねばならぬなぁ。

さて。

フィレンツェにおけるラファエロは、

主に上流貴族の注文による肖像画と聖母子像の作品が多かったそうです。

なぜラファエロは聖母子像にこだわっていたんですかね。

それから、ラファエロは、ダビンチの作品をよく研究していたそうです。

美術がわかる人は、ラファエロの作品をみながら、「あぁ、ここはダビンチっぽい描き方だな」とかがわかるらしく、企画展にも色々と説明が書かれてありましたが、

残念ながら私にはわかりませんでしたww

私がこの企画展を見た全体的な感想として、

ラファエロは、象徴的な小物(十字架のネックレスなど)をよく描いているように思いました。

また、ラファエロの初期の作品の特徴として、細かい刺繍などの精密な描写が多かったそうです。

ということは、後期の作品になっていくほど、

象徴的な小物は抽象化していく。

私の予想だと、

暗示に対する鑑賞者の想像の幅を拡げた、

と見ることも可能でしょう。



このブログは、自分で書いたメモを見ながらかいているのですが、

マルカントニオ・ライ モンデイの『三美神にプシュケを示すアモール』という作品について

「エロさが無い」ってメモってるんですよね。

ぶっちゃけどーでもいーですよねww

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。