スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲骨文字と巫女舞

今日は、龜甲展に行ってきました。

http://www.ueno-mori.org/exhibition/schedule.html

結構私の好みの展示会で、入り浸っていた。

書道はずっとやっていたので、書の美しさの宇宙には、割と入って行ける。

【無】と書かれた作品があった。

【無】は巫女が両袖に呪飾をつけて舞う姿をあらわしているらしい。

なぜその姿が、現在「Nothing」の意味で、

(儒教の混じった)日本仏教で使われているのかわからなかった。

私は巫女舞をしていた時期があった。

その作品の前で、衣裳を纏って舞うイメージをしながら

「鈴と舞と巫女?神憑り?ん?」と考えていたら勝手に身体が動いてしまっていたようで、

その作者の方が私に話しかけてくださった。

「無」は下駄の履かない巫女、「舞」は下駄の履いた巫女で、

対比する甲骨文字だったらしい。

私は作者の話を聞きながら、アインシュタインの話を思い出していた。

アインシュタインは、「そこに何かが有ろうと無かろうと、

証明されなければ無かった事と同じだ」みたいな事を言っていたような気がする。

そしてその会館から出てきて気付いたのだが、

龜甲展に吉永小百合さんから花が贈られている事を知って驚いた。

次に、リディラバの事務所で、代表の方とお話してきました。

とっても面白い活動をしているので、よかったらHP覗いてみて。

http://ridilover.sblo.jp/

リディラバでは、社会問題を取り上げたスタディツアーを展開しています。

市場原理では解決できない問題が数多くあります。

その問題をもっと気軽に知ることができ、現場に訪れることができ、解決まで考えられる環境を作るスタディツアーを企画する活動を行っているそうです。

彼は、「モテる」という要素は大事だとおっしゃっていました。

私もそう思う。

社会問題に取り組んでいる人がモテる社会ってマジカッコイイと思う。

私の、彼の第一印象、「インテリ・イケイケニィチャン」でしたからねw



その後、ずっと憧れていた女性の院生と晩御飯を食べてきた。

彼女の研究する都市や建築についてのお話がすごく面白かったです。

行動と情報のバランスのいい姿勢が素敵だなと思いました★

http://kondoyuko.hatenablog.com/

ブログが面白いと、今隣にいる社会学徒がそう言っていました。



スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。