スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二重の基準論から考える、これからの日本の人権のあり方

 今回のブログでは、相反する権利をどの様にすり寄せるか、に関する内容を、二重の基準論を用いて記述したい。
 先日総選挙があった。この総選挙の結果に対して「衆愚による民主政治」「民度の低い国民の投票権如何」のようなコメントがインターネットの某掲示板で盛り上がっていた。衆愚に包括される私にとって「うわあああやめてくれえええ」という内容であったが、よく考えれば、国民の参政権と政府の実現していきたい政策と、建前上は一致するようになっているはずだがそんなにきれいに世の中回らない。従って、どのようにその二つの領域は譲歩し合うのか、私にとって関心があった。

 二重の基準論とは、人権を規制する法律の違憲審査に際して、経済的自由の規制立法に関して適用される合理性の基準は緩やかに、精神的自由の規制立法に関して適用される合理性の基準は厳しく審査することである。
ちなみに違憲審査基準とは、法令が憲法に適合しているかを裁判所が審査する際に用いる基準のことである。
 二重の基準の問題点として、1)精神的自由でも経済的自由でもない人権(生存権等)は、どちらの基準を適用するのか、2)同じ種類の人権でも、具体的状況の違いによって異なった基準が適用されないか、3)人権の価値序列を認めるか、がある。
 論点としては、この基準の根拠は何か、ということである。これには、機能論的アプローチと価値論的アプローチがある。
 機能論的アプローチは、議会と裁判所の制度的・機能的権限分配を重視して、裁判所が議会の民主的判断を尊重すべきことが前提とされる。経済的自由に関する不当な立法は、民主政の過程による是正に期待して、裁判所は積極的な介入を控えるべきものであるのに対し、精神的自由に関する不当な立法は、民主政の過程自体が損なわれるため、裁判所は積極的な介入を行うことが必要である。
一方価値的アプローチでは、経済的自由は社会的拘束性を負い、法律による後半な規律を受ける。精神的自由は、人格との密接な関連や、社会的価値の重要性を持つ。従って、精神的自由自体に、優越的地位の根拠を求められる。

 次に、日本の二重の基準論とアメリカのそれとの比較を検討してみる。それにはまず、アメリカ、ドイツ、そして日本の二重の基準論の歴史的背景を追うことにする。
 アメリカでは、ニューディール政策以降の司法消極主義に対応するために、つまり司法が積極的に判断する分野を創るために、機能的な議論(裁判所と議会の役割分担)が出てきたのに対し、ドイツではもともと私法消極主義の考え方がなかったので、機能的な議論は出てこずに、権利侵害が大きければそれを正当化する政府利益は大きくなければならないという比例原則の考え方が出てきた。
 そもそも二重の基準論は、元々アメリカ合衆国の1938年の判例で確立した理論だが、その内容は、1)精神活動の自由の規制は厳しい基準によって合憲性を審査する、2)経済活動の自由の規制は立法府の裁量を尊重して緩やかな基準で合憲性を審査する、である。
 日本の場合、アメリカ型の解釈とドイツ型の解釈が混在しているのだそうだ。つまり、戦前はドイツを中心とした大陸法の、そして今では、アメリカからの影響を受けている。大陸法系から英米法へと大きく梶を切った日本の司法界は、その混乱はいまだに続いているそうだ。
 日本の場合、敗戦を契機にアメリカの指導によって憲法が制定され、現代型の社会権を含む人権宣言が作られたわけだが、その結果、明治憲法時代からの自由権と新しく導入した社会権という二つの性質の相反する権利を実現していかなければならないという難しい課題を背負ったのだそうだ。
 ちなみに、司法消極主義とは、司法府は、立法府及び行政府の措置をできるだけ尊重し、その措置が違憲無効であることが極めて明白な場合に限って、その措置の違憲無効を宣言するという立場である。
 比例原則とは、達成されるべき目的とそのために取られる手段(処置)との間に合理的な比例関係が存在することを要請する原則を言う。同原則の元では、わずかな不正に対し、不相当に過酷な処分をすることは違法となる。国内における比例原則の根拠については、①憲法13条説、②行政上の法の一般原則説、③行政条理法上の原則説が挙げられる。

 以上の情報から考えられることに、これまでの日本は、様々な国から法律に関する考え方や知識を元に創り上げてこればよかった。しかし、大陸法から英米法に転換するという、日本独自の法史を築き上げてきた。従って、基本的人権を考える上で今後は日本独自の法律に対する考え方を構築していくべきだと考えられる。
 私が調べた限りでは、二重の基準論が具体的に日本でどのような独自の考え方が展開されているかまではわからなかったので、今後、調べていきたい。
 また、この領域に関して知識ゼロから書き進めたので、間違った解釈や抜けている部分が多々あるかもしれないがご容赦願いたい。今後、様々な文献を読み進めながら、人権や憲法に関する知識を自分の中で形作っていきたい。
 最後に、私に法律を考えるヒントを与えてくれた友人に感謝したい。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。