スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊感療法としてのセックスは合法か

<信教の自由と加持祈祷治療>
最高裁昭和38年5月15日大法廷判決

 被告人のS宗僧侶Nは,被害者Iの母親などから,Iが精神異常と思われる言動を示すようになったので,その平癒のため加持祈祷をしてもらいたいとの依頼を受け,約一週間にわたり経文をとなえ,数珠で身体をなでるなどして祈祷した。しかし平癒しそうにないので,Iの自宅の八畳の間中央に護摩壇を設け,そのそばにIを座らせ,護摩壇に専攻を焚き,線香護摩による加持祈祷をはじめたが,Iが先行の熱気のため身をもがき暴れ出すと,父親などにIの身体を取り押さえさせたり,あるいは腰紐などでその手足をしばらせたりして,Iを無理に護摩壇の近くに引き据えて線香の火でけむらせ,手で殴るなどの暴行を加えた。そのためIは全身の多数の個所に熱傷および皮下出血を負い,祈祷開始約4時間後急性心臓麻痺により死亡した。
 第一審は,右のような事実を認定した上,被告人の行為は刑法205条1項の障害致死罪に該当するものとして,被告人を懲役2年,3年間執行猶予に処した。
 被告人は,事実誤認,法令違反,憲法違反を主張して控訴したが,第二審は,それらの主張をすべて排斥し,控訴を棄却した。

<判旨>
 上告棄却。
 最高裁は,憲法第20条が何人に対しても保障する信教の自由は,基本的人権の一つとして極めて重要なものであるが,絶対無制限のものではなく,公共の福祉の観点から制約を受ける場合があると論じた上,精神異常者の平癒を祈願するために宗教行為として加持祈祷行為がなされた場合でも,それが原「判決の認定したような他人の生命,身体等に危害を及ぼす違法な有形力の行使に当たるものであり,これにより被害者を死に到したものである以上,憲法20条1項の信教の自由の保障の限界を逸脱したものというほかはなく,これを刑法205条に該当するものとして処罰したことは,何ら憲法の条項に反するものではない」と判示した。

 私がこの判例を読みたいと思ったきっかけは,自分が宗教に関心があって巫女のバイトをしていたからなんですが,宗教は心理学の分野でものすごく研究されているけれど,法学の領域でもつきまとう問題なのかと改めて思いました。
 本判決は,基本的人権と公共の福祉の関係が重視されます。この前のブログに,日本の政教分離にはそれなりの歴史があることは述べましたね。個人がその宗教を通じて社会に働きかける場合には,そこに社会的要素が加わり,そのため必然的に社会とか国家との関係が生ずるものです。宗教行為その他を通じて社会に対しなんらかの影響を与える場合,それはもはや個人の宗教ではなく,社会における社会の宗教として取り扱われねばならない。したがってそれが公共の福祉すなわち社会全体としての利益に反する場合,国家は社会的見地から法でもって干渉し制限を加える,という見解があります。
 確かにそうですよね。霊感商法で親族が壺を買ってきたとしても,こちらとしては何も手立てがなかったら嫌ですもんね。また,「霊感療法なんだ!」とか言われて強姦とかされてもたまったもんじゃありませんね。強姦された女性が仮にそれで悪霊退治してもらったと盲信してたとしても,親御さんが傷ついちゃいますよね。
 今回の論点とは少しずれますが,私が心理学を専攻しているということもあって,裁判で用いられる精神鑑定の信頼性,医療観察法について調べていた時期がありました。本判決は昭和38年なので,どこまで精神医学,心理学の領域を裁判官に理解してもらえていたかはわかりませんが,被害者Iが「精神異常」としか書かれていなくて,具体的にどのような症状なのかはわかりませんでした。もう少しここらへんが知りたかったですね。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。