スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原告の鼻息の荒さがイケメン事件

内申書の記載内容と生徒の思想・信条の自由

別名 麹町中学内申書事件
最高裁昭和63年7月15日第二小法廷判決

 私はこの判例を読んでいて(もちろんブログに書いたものはずいぶんと端折っている),「教育を受ける権利(憲法第26条第1項)以前に,自分の正義のために他者に迷惑をかけてもいいのかしら…」ぐらいの感想しかもたなかった。しかし,ここから面白い展開が始まる。
 私は,憲法の講義を受け持つ教授の研究室へ行き,教授からこの事例に関して色々聞く機会を得ることができた。
 教授の一言目。「あ,この人,Hさんだよ★」
 私「!!」
 そうです。Hさん。今朝私のツイッターのTLにいらっしゃったではないか!しかも,「おはようございます。体育祭の季節がやってきましたね。子どもたちは云々…」という,とても穏やかな論調でツイートしておりました。どどどど同一人物!?
 人は変わるものですね。すっかりHさんのファンになっちゃいました。
 そして先生はシンパ世代だったそうで,結構ノリノリでこの時代の話をしてくださいました。「ML派の『ML』って何の略かわかる?知っておきなよぉ♪」などなど。
 私は学生時代,割とやんちゃをしていた方だったので,なんだかんだ思いながら,結局のところXの生きざまが好きなんですよね。学校で麹町中全共闘を名乗ったり,機関紙を発行したり,ビラ撒きを行ったり,ML派の集会に参加したり。そして中学生時代から大人のケンカを始めちゃってる。もうね,萌え萌えです。
さて。この判例の論点は何か,まとめておきましょう。
1,本件訴訟は,この問いを,教師の教育評価県の限界如何という枠組の下に取り扱った事件である。
2,第一審と第二審は本件の争点を,生徒側の学習権と教師側の教育評価権の対抗に求めていた。
3,上告審の判断の特徴は,この対抗枠組に依拠しなかった点にある。

 要するに,原告は「内申書作成行為は違法なのではないか」との考えより慰藉料の支払いを求めた。
 第一審判決は,教基法1条,3条により内申書の分類評定が生徒の学習権を不当に侵害するものだとし,内申書作成行為は違法だとした。
 第二審判決は,学校側が控訴した。内申書の信頼性を維持したかったと見られる。そして,慰謝料請求を斥けた。理由は,学習権が各人の能力に応じた分量的制約を伴うものであるから。
 最高裁は,上告を棄却した。内申書のコメントには,最高裁は「思想性がうかがえない」とした。

 法学部生ではないから間違ったことを言うかもしれないけど私が思うに,いやいやいやこの内申書,どーみても悪意極まってるだろとww生徒は平等に「教育を受ける権利」があるのだから,内申書は中立性を保たなきゃいけないと思うんだわさ。まぁ,中立性を保つことが教育者としての役割ならば,内申書って一体何なんだろうね。
 私が中学生のころは,「こんな田舎の教育を受けても,たとえ良い成績をもらっても,全国のスタンダードが見えないから,この成績とか,テストの範囲とか,授業の内容とか,あんまり信頼してもどうしようもないのかもしれないなぁ。ゆとり教育とかいわれて
今でも議論されてるし。何を信頼して私は世の中を吸収していけばいいのだろうか」と思っていた挙句,勉強もせずにFランに来てしまいましたよ。子どもが国の教育システムやパターナリズムを信頼するって大切なんだと思う。
 それにしても,私は偉そうなことを延々考えてはいたが,行動には移さなかった。大人と対等にケンカをする方法さえ知らなかった。それに対して原告は,賢い。脱帽というよりは,その賢明さにちょっとジェラシー。


 Xは,1971年3月に東京都千代田区立麹町中学校を卒業し,都立及び私立の高等学校複数校を受験したが,いずれも不合格となった。Xの調査書(いわゆる内申書)の「備考欄及び特記事項欄」には「校内において麹町中全共闘を名乗り,機関紙『砦』を発行した。学校文化祭の際,文化祭粉砕を叫んで他校生徒とともに校内に乱入し,ビラ撒きを行った。大学生ML派の集会に参加している。学校側の指導説得を聞かずに,ビラを配り,落書きをした。」と記載されていたことが後日判明したため,Xは,高校不合格の原因は内申書の上記記載にあるとして,千代田区及び東京都を相手どり,国家賠償法に基づき,慰藉料の支払いを求める損害賠償請求訴訟を起した。
 第一審判決は,慰藉料を斥けた。Xが上告し,最高裁が上告を棄却した。

<判旨>
 本件の内申書記載は,上告人の思想,信条そのものを記載したものでないことは明らかであり,上の記載に係る外部的行為によっては上告人の思想,信条を了知し得るものではないし,また,上告人また,上告人の思想,信条自体を高等学校の入学者選抜の資料に供したものとは到底解することができないから,所論違憲の主張は,その前提を欠き,採用できない。

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。