スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡倉天心と廃仏棄釈

<岡倉天心と廃仏棄釈>

私が思想家の浅田彰氏と会いたくて(結局会うことは出来なかったが),京都造形芸術大学に行った時のことだった。入口に,とても大きなブロンズ像があった。ちょびヒゲをはやしたおじさまだった。名前を見ると,「岡倉天心」と書いてあった。私はその日から,岡倉天心に関心が向いた。以下に,岡倉天心が世界に影響を与えた内容を記述する。
 岡倉天心は,1863年、横浜に生まれ,学生時代はお雇い外国人教師アーネスト・フェノロサに政治学、理財学(経済学)を学んだ。
天心は、日本美術に傾倒していたフェノロサの通訳として、行動を共にするようになり古美術への関心を深めていった。
文明開化という時代風潮の中、明治はじめの新政府の神仏分離令によって、廃仏棄釈が盛んになり仏像等の美術品が破壊され、また海外に流出していった。近畿地方の古社寺を訪れ調査をする中で、古美術に対する造詣を深めていった天心は、そうした日本美術の行く末を憂い古美術の保護に強い関心を持つようになる。
天心の文化財保護に関する綿密な調査活動と優れた見識は、1897年に公布された「古社寺保存法」に反映されている。また、天心の古美術保存の精神は、1929年の「国宝保存法」、さらに1950年の「文化財保護法」制定へと受け継がれ、今日の文化財保護の礎になっている(茨城大学五浦美術文化研究所,2000)。

<ホックニーと龍安寺>
 私は中学生の頃,イギリスかぶれであった。日本文化に興味をまったく示してはいなかった。しかしある日,ひとつの作品と出会った。デイヴィッド・ホックニーのフォト・コラージュ『龍安寺の石庭を歩く』である。私は圧倒された。日本人である私の目に映らないものを,海外の人は見ていたんだと。いわば文化の逆輸入であった。
 以下から,デイヴィッド・ホックニーについて書きたいと思う。大学の図書館に適切な著書がなかったので,高松宮殿下記念世界文化賞の公式ホームページの文章を引用したい。

 デイヴィッド・ホックニーは,20世紀~21世紀のイギリスの画家であり,イギリスの20世紀の現代芸術を代表する一人である。1971年、日本を訪れ帰国後に描いた「ウェザー(天候)シリーズ」の「雪」や「雨」、「富士山と花」には、浮世絵や日本画の影響が見てとれるそうだ。
そのホックニーが,第1回高松宮殿下記念世界文化賞の絵画部門に受賞されたとのことだ。
高松宮殿下記念世界文化賞は、日本美術協会によって1988年に創設された。58年の長きわたり日本美術協会の総裁を務められた高松宮殿下の「世界の文化・芸術の普及・向上に広く寄与したい」とのご遺志に基づいて、また日本美術協会が創立100周年を迎え、2世紀目の活動に入ることを記念して創設された全世界の芸術家を対象にした顕彰制度である。

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。