スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャガール展いってきまんた

岐阜県美術館でシャガールの企画展が開催されていたのでみてきました。

私のお気に入りの人魚の絵がひとつもなかったことと,

シャガールが「愛の画家」ということで,美術館の演出がいかにも

「カップルと仲良くきてくださいねー」というギトギトの演出で,

彼氏のいない私はいたたまれない気持ちになったのですが←

というかね,ずっと好きだった人がシャガールが好きで,それで私もシャガールをみるようになったんだけど,

シャガールが繰り返し描く人魚に自分を投影させてたんだよね。

その人,彼女さんがいたから,私は人魚なんだ,って。

というか,シャガールを「愛」って言葉で片付けたら何かが見えなくなってくるんじゃねーかww

ま,そゆことで美術館でメモったメモをそのままコピペします(ぇ

ユダヤ,ムーサ(ギリシャ神話),パリ,クレズマー,バイオリン,ダフニス,クロエ,ニース

強烈な垢の色彩に,ナレーションの「愛」の連呼に違和感を覚える

「赤い魚のいる風景」・・・キュビズムっぽい描き方だと思った

「赤い旗」(1970,1975年)・・・ロシアに何があった?

赤い作品がとにかく多い

シャガールの版画集「サーカス」に興味を持った画家に,ピカソ,マチス,ルオー,レジェがいた

→たしかにあの強烈な「赤」はマチスに似ているかもしれない

ベラ(最初の奥さん)美人!!

シャガール革命後のソビエト,ロシアを体験した

ユダヤの思想の一つ,「世界は一つ」という感覚

妻や故郷の喪失→帰る場所,アイデンティティ,自分が誰であるかを覚えてくれる人,自分が思いだせる場所

シャガール,1937年にフランスで「革命」を制作
→ショパンのにほひがww

月が左上に描かれている作品が多い

「蒼い恋人たち」(1948-1953年)・・・悲しみの蒼を表現しているらしい。けれど,私にとってはキレイな青にしか見えない。私の感性がおかしいのか?これはめずらしく月が右上である。色彩がゴッホっぽい。

ステンドグラスの仕事をするようになってから色彩の質が変わったらしい
→以後,あの有名な水色の絵をよく描くようになったらしい。

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。