スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウフフ、私の心の中だよッ(ペロッw

さて。今日は他者との関係性についてメモします。

というか、臨床心理学のテスト勉強をしていて思ったことを書くまでって感じかな。

なんだろう、私は心理学用語を介した中二メンヘラツイートならいくらでも書けるのよ。

でもそういう自分が大嫌いなんだよね。誰も読みたくはないだろうし。

だから、自分の考えを、社会学、法学、経済学、政治学を介してツイートできる人が本当に羨ましい。

まぁそんな事を言いながら今日もメンヘラツイートしますわよww

まず、安楽死合法社会より、他者嫌いの人間を社会的に静かに殺していく、

日本社会の方がよっぽど冷たい気がするんだな。

日本社会は共同体大好きとか言ってたけど、表面的のような気がする。

全然排他的。

私が他者と関わる際に常に付随してくるのは、どんな形であれ、「軽蔑」なんだよね。

見捨てられ不安とかも軽蔑される事への恐怖感だし。

他者と関わる際の切り札、介在するものに必ず付随する単語、それが「軽蔑」。

でも、私はすんごい寂しがり屋で、しかも基本的に人間不信だから、

ずっと誰かとぎゅううっとしていないと不安になる。

だからペルソナに触れたときの孤独の先に幸福があると私には信じがたい。

もう、他者と関わる手段としての知識防具とかいらないから、

すべて放り出して、たった一人と、ずっとズルズルベッタリぎゅううううってしたいとも思う。

けど、私が「カッケェ生きざまだなぁ」と思う人はこの前ツイートでこう言っていた。

「仕事と私、どちらが大切なの?」と聞かれたら、仕事と答える他ない。あなたと別れても、いい仕事をしてお金を稼ぎ続け、いい人たちのネットワークに入っていれば、次の恋人はすぐにできるけど

藤沢数希さん。まず名前がカッコイイ!

私も結構こういう考え方をする。

どんなに京都に憧れはしても、京都の男だったら誰でもいいってワケじゃない(当たり前だけど)。

運命的に出会った立命館の男が、

AOで受かった、たまらなくツマラナイ男だったから簡単に去っちゃったっていう経験もある。

こういう若者は多いと思う。けど、こういうスタンスの人間が自称コミュニタリアンとか詐欺だよねwwwwww

私はコミュニタリアンじゃないけど。



臨床心理学では、万能感というのは自我の幼稚さのあらわれだと見なされるらしい。

私の万能感は実存への可能性と繋がるから、中々手放せないでいる。

成功体験を持たない私は、未来への希望にしか自分の実存生活の可能性を見出だせない。

私は、自分の自我形成の可能性、可塑性を温存させるために、自我の幼稚さを保ってきた。

いわばネオテニーの長期化だ。

親の経済力や世界観、パターナリズムという因子に左右されない人生を歩みたい。

でも、京都に住むという暫定的な幻想の憧れを達成できたところで、

私の望むネオテニーからの解放は果たせるだろうか。



私はいつも何か大きな虚無感を抱いている。

それは、「何かしたかったのだができなかった」という

根本的なOSが刻まれていることと関係があると自分で思ってる。

「舞妓になれなかった」という感情は、単なる「莫大な虚無感」の一時的な換言に過ぎない事は気付いている。

京都に住もうが、ゼニ稼ごうが、セフレとセックスしようが何しようが、それは臨時的な補填でしかなく、

根本的な虚無感には1ミリたりとも辿り着けない事なんて、とっくに気付いている。

臨床心理学では、感情や病理は生活における適応との考え方が一つにあるらしい。

もしこのOSが適応なのであれば、なんとも非合理的で不条理な適応なんだ。



私の虚無感は、この世と繋がっていないとの感覚と連動しているように思う。

私はサブカルも知らないし、受験戦争成功物語も知らない。

転移じゃなくって、ちゃんと普通に生きている人と物語の共有をしてみたい。



私は16歳の時、山田かまちの元へ行くために、色々と荷造りを着々と進めていた。

けど突然、感受性を捨てた。

生への、または死への強烈なインセンティブを放棄して、亡霊みたいにのうのうと生きる事にした。

私にとって物理的生存というのは、生へのインセンティブを削る事なのかもしれない。

だとしたら、生きるために構築し続ける物語というのは、なんとも殺伐としたものであるか。

そのような言葉が彷彿と湧き上がる自分にもアホらしさを感じている。

なぜならば、シニシズムとアイロニズムの塊でもあるからだ。


あんまり人前でこんな性格の悪い自分、出せないよね。

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。