スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本庭園と、まぁフツーにレポートのコピペ

<日本庭園と庭師の素敵な人生>
 私は自称歴女である。そんじょそこらの歴女じゃない。筋金入りである。専門は遊廓。独学では飽き足らず、専門家に会いに行ったり、夏休みに1ヶ月京都に住んだり、祇園でアルバイトをするくらいには歴女色が濃い。周囲からは笑われるが、本人は至極マジメに遊廓歴女に勤しんでいる。
 きっかけは岩崎峰子という芸妓の本を読んだ事だ。私は昔から自分が女であることが大嫌いであった。かといって上野千鶴子を始めとするフェミニズムの本を読む勇気も無い。だから、女として強かに、そして美しく生きる芸妓の姿が私にとって自分が女性であることを肯定する唯一の切り札のように見えた。
 さて、そんな遊廓歴女な私だが、まずは私の好きな日本庭園の話から始めよう。私は1ヶ月に渡り京都の「いわゆる」観光地を巡りに巡った。四六時中京都型観光ビジネスの消費者であった。その中で、一番好きな日本庭園を挙げよと言われたら、天龍寺の庭園を挙げるだろう。
 天龍寺の正式名は霊亀山天竜資聖禅寺と言い、臨済宗の天龍寺派の大本山。本尊は釈迦如来である。開基は足利尊氏で、開山は夢想疎石である。天龍寺は、尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため、1341年に建立された。
 天龍寺の庭園は夢想疎石が造園した。その庭園は現在国の史跡及び特別名称となっている。庭園名は曹源池庭園と言い、中央の曹源池を巡る池泉回遊式庭園で、嵐山や亀山を取り組んだ借景式庭園でもある。私が天龍寺に言ったときは本当に天気がよくて、方丈からぐるりと見渡した庭園が一層美しい姿をしていたので、帰りたくない!と思ってしまったほどだ。
ここで夢想疎石について少し触れておこう。彼は伊勢国(三重県)出身の庭師で、全国各地に日本庭園を作った。美濃国(岐阜県)にも虎渓山永保寺を開き、そこの庭園も手掛けた。私は今年のGWに行ったが、残念ながら工事中だった。。。

 私がもう一つおすすめしたい日本庭園がある。それは東福寺の庭園だ。東福寺は、臨済宗東福寺派の大本山で、本尊は釈迦如来である。九条道家が九条家の菩提寺の創建を願って、1239年に建立された。
 庭園の見所は、やはりこちらも方丈を中心とした庭園である。これは建物を中心に東西南北の四庭からなり、釈迦成道の八相に因んで「八相の庭」と称する。重森三玲が造園した。私は個人的に北庭の市松模様と、東庭の北斗七星が好き。というか庭園にさまざまな工夫を凝らす重森三玲の発想がたまらなく心地よい。しかも、重森三玲の「三玲」の名は、フランスの画家フランソワ・ミレーにちなみ本人が改名したものだと伝えられているらしい。この時代、西欧の印象派の画家はこぞって日本の浮世絵に夢中になったそうだが、「もうお前らいつからお互い片思いごっこやってるんだよ」とツッコみたくなる。

<長良川界隈散策>
 この項はラジオの語り手風に記述するので、口調が変わります。
私が通っている大学から自転車で鵜飼大橋を渡り、キレイな景色を横目で見ながら川沿いを走ると、国際競技場があるんですね。そうです、安藤忠雄さんが設計した建築物です。でも今回のレポートは明治時代以前に話題の的を絞るので国際競技場の話はしません。そのあとまた大きな川を渡ると、長良川の古い町並みで有名な川原町が見えてきます。とてもキレイに整っております。まれに着物姿の美人女将さんがお客様の道案内をしているのを見かけます。そこからまた自転車で進むと、岐阜公園と岐阜城が見えてきます。岐阜公園にある庭園がとてもキレイです。岐阜公園内には、板垣退助が自由党党首として遊説中に暴漢に襲われた岐阜事件の史跡として、板垣退助の銅像があります。私が長良川界隈を歩いていた時期は鵜飼の時期だったので、長良川に鵜飼用の船と観光用の船がたくさんありました。
長良川には、18年ぶりに舞妓さんが誕生したとのことで、私は早速舞妓の舞を見に行ってきました。とってもキレイな着物を着て舞っていました。祇園の舞妓さんの帯はだらり帯ですが、長良川の舞妓さんは鵜飼の船で舞うことが多いため、帯は結んでいるとのことです。さて、ここで注目すべきは舞の詞。なんと、初代法務大臣だった山田顕義が書いたそうです。少しだけ岐阜が好きになりました。

<花街と遊廓>
 嶋原。京都市下京区に位置する花街(かがい)の一つ。正式名は西新屋敷。はじめは二条柳町に開かれたが、のちに六条三筋町に移り、1640年現在の地に移った。1589年、官許の最初の廓として賑わった。現在、旧揚屋の角屋、旧置屋の輪違屋が残る。ちなみに私は角屋の特別展には行ったが、輪違屋は外観を写真に残したのみである。嶋原内の大門と柳が往時を伝える。大門の隣には桶が並べられてあったが、女としてさまざまな感情が彷彿と浮かんだ。
 幕末には西郷隆盛、久坂玄瑞や新撰組らが出入りしていたそうだ。ここは私よりも幕末担当歴女に語らせたほうが早かろう。
 太夫はもともと能楽や歌舞伎の舞台で秀でた者に与えられた称号であり、最初は京都の女歌舞伎で活躍した女性が「太夫」などと呼ばれたものが、1629年に女歌舞伎が禁止されて以降、優れた技能、教養を持つ最高位の遊女の名として定着したものである。
 今後、太夫や遊女、白拍子や傀儡がどんな衣装をまとっていたのか、その衣装はどんな色彩で彩られていたのかを調べていきたい。
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。