スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘラクレイトスはモテまくっていたのではないかという仮説

ゴールデンウィークは、卒論を進める(あまりにも進んでいないので卒論のセンセに叱られましたwwww)予定の

相沢祐香です。

でも明日は滋賀で歴女を満喫しますww

さて、今回はギリシャについてのお話です。

 1、厭世観に満ち、斜に構えた表情がとてもいとしいヘラクレイトス
 ギリシャ哲学を洗い直していると、私の好みのタイプの哲学者が存在していたことを知った。彼の名はヘラクレイトス(B.C.540年頃-B.C.480年頃)。彼の著作は難解であり、また厭世観漂うことで知られ、「泣く哲学者」または「闇の人」と呼ばれたそうだ。ここから、筆者にとって恋愛対象ストライクゾーンの人物であっただろうことが安易に予測出来る。
また彼は、「私は自分自身を探求した」という言葉を残したそうだ。その自分自身とは「魂」のことであり、それは思考や意識活動といった人間の知的活動の源であったそうだ。ここで認知科学(cognitive science)とは何かを思い出してみる。その意味は、情報処理の観点から知的システムと知能の性質を理解しようとうする研究分野である。独断と偏見でしかないが、似ていると思わないか…!!
 そして、宇宙(マクロ・コスモス)と私の魂(ミクロ・コスモス)が同じロゴスを有する事を見ることができるとも彼は言った。心理学では、「心は社会環境の反映、または結果」という考え方がある。心理学者の研究対象としているヒトの心に普遍的元型の何かが存在するか否かは別として、外部(宇宙、社会)と内部(自分)は合わせ鏡のようであるという考え方は、似ている部分はあるかも知れない。
 ちなみに元型というのは、分析心理学者であるカール・グスタフ・ユングが提唱した概念で、夜見る夢のイメージや象徴を生み出す源となる存在とされている。

2、全能感という繭の中で、不完全な現実の絶望感を回避する、離人症疑いのプラトン
 病跡学という学問がある。それは精神医学の一分野で、歴史的に著名な人物の精神医学的研究を行う学問である。私は独学でその学問に首を突っ込んでいる程度でしかないが、明らかにこの哲学者は精神疾患があったのではないかと予測される人物がいる。その名はプラトンである。
 プラトンの哲学を簡単に説明するとこうだ。理性によって思い描く、ものごとの完全な姿があり、それをイデアと呼んだ。また、世界は感覚がとらえる、たえず変化し、やがて消滅していく不完全な現象界と、それらの現象の原型となる完全で永遠のイデア界という二つの世界から成り立っている(2011,小寺)。要するに、この世に普遍的元型があると仮定している立場を取っている、ということだ。ここから、彼は精神疾患の一つである離人症だったのではないか、という仮説が浮かぶ。
 医学書院出版のDSM-IV-TR(2002,高橋、大野、染矢)(アメリカ精神医学会の定めた、精神科医が患者の精神医学的問題を診断する際の指針を示したもの)によれば、離人症性障害の基本的特徴として、自己から遊離している、または遠ざかっているという感覚によって特徴づけられる持続的または反復的なエピソードが挙げられるそうだ。関連する記述的特徴と精神疾患として、現実感消失が存在して、外の世界が奇妙で非現実的な感じに経験されることもある。その人が、ものの大きさや輪郭が不気味に変形しているように知覚することがある(大視症または小視症)のだそうだ。
 「理性によって思い描く、ものごとの完全な姿があり」というのはつまり非理性では不完全な姿を感じている、ということで、これはDSM-IV-TRの「現実感消失が存在して、外の世界が奇妙で非現実的な感じに経験される」に相当されるのではないか、と私は考えた。また、「たえず変化し、やがて消滅していく不完全な現象界」というのは、DSM-IV-TRの「その人が、ものの大きさや輪郭が不気味に変形しているように知覚する」に相当するのではないか、とも考えた。
 またプラトンは、エロスについても説いた。彼いわく、エロスとはイデアに憧れ、永遠のイデアを求めようとする欲求のことを言うのだそうだ(小寺,2011)。ここで私は、詩人の山田かまち(1960-1977)のことを思い出した。かまちも、非常に美しさにこだわった。かまちも、きっと理想の美しさに憧れ、現実のそこそこの美しさに折り合いをつけられなかったのではないかと私は考える。

3、『アテネの学堂』で繰り広げられる世界天才会議
 『アテネの学堂』はルネサンス期イタリアの画家ラファエロ・サンティの絵画である。ちなみに筆者の誕生日はラファエロの誕生日と命日が同じだ。
 この絵に描かれている人々は有名な古代ギリシャの哲学者たちである。この絵で注目したいのは、中央に立っている二人と、中央の階段左付近で考え事をしている人物だ。指を天に向けている人物がプラトンで、手のひらで地を示しているのがアリストテレス、そして中央の階段左付近で考え事をしている人物はヘラクレイトスだ。これは、プラトンの観念論的なイデア論の哲学に対し、アリストテレスの哲学の現実的なさまを象徴していると言われている。ここから、「アテネの学堂」では、プラトンは自然法、アリストテレスは実定法をそれぞれ表し、よってコスモスを掌握するメタファーが隠喩されているのではないか、そしてその議論で完結してしまわないように、常に「どれも間違っている」と、完璧だと見なされた秩序に対する反証の機会を待つヘラクレイトスが存在しているのではないか、と私は考えている。

4、心理学の出発点はギリシャ ~ヘラクレイトスの吐息は私のもの~
 心理学、Psychologyの語源はギリシャ語のプシュケー、Ψυχήである。このΨυχήのΨは、心理学、超能力をあらわす包括的な記号として用いられている。
 本来、プシュケーとは息、呼吸を意味しており、転じて生きること(いのち、生命)また心や魂を意味する言葉であった。
 よって私は、ギリシャから出発した心を追究する学問を選択する形で、ヘラクレイトスの哲学を間接的に享受しているこの感覚を楽しみたいと思う。

5、安藤忠雄とバビロンの交差点
 vfbg古代ギリシャよりももう少し時代を遡り、新バビロニアの話をしたいと思う。
 新バビロニアはB.C.7世紀後半、現在の地中海地域に存在した。最盛期を築いたのはネブカドネザル2世。その当時の繁栄は「バビロンの栄華」と呼ばれ、首都バビロンには壮大な宮殿、世界の七不思議に数えられた空中庭園や聖塔(ジッグラド)が建てられた。その空中庭園は、空中といっても空に浮かんでいるわけではなく、建物の屋上などに水を引いて作られた壮麗な庭園だったそうだ(小松田,2005)。
 私はその空中庭園を想像したら、安藤忠雄が設計した長良川国際会議場にある庭園を思い出した。
その国際会議場には、彼の得意な印象派と幾何学の融合された半屋上庭園のようなものがあり、バビロンの空中庭園を彷彿とさせるものがある。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。