スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルセー美術館とオペラ座

天海祐希さんがパリに行って街を散策する番組(録画)をみましたん。

途中で私ちゃっかり寝ちゃうんですよね。

で、起きたら番組が終わってたんですけれどもww

そのとき、脳内がすんごいぐったりしてるんです。

私は昔から

美術館とか図書館の休憩コーナーでうっかり寝て、覚めたら脳内がぐったりしてることが結構しょっちゅうなんですよね。

で、これ何なんだろう、って思ってたんだけど、

たぶん、予想なんだけど、

寝てる間に、得た情報を個性的な形で処理してるんだろうね。

これが顕在する形で現れてたら私ももう少し学校の勉強も出来てたんだろうけど

なんせ無意識下で行われている作業であって、その情報処理に、意識は何も努力していないというww

そんな感じで、番組を巻き戻して見てました。

まず天海さんが、オルセー美術館に行ったんですね。

印象派の作品が紹介されていました。

私ね、心理学を勉強しときゃあ画家の心理読めるだろうという腹黒さで心理学を専攻した部分があったのですが

完全に選択を間違えましたよねww

自我は独立して存在しているわけじゃなくて

外部環境の反映ですからね。

ほんで、「外部環境をこう変えたらもっと生きやすくなるんじゃね?」って思って環境を変えたら

その変化後の環境によっても自我はまた変容される。

イデア的な、普遍的な、理想的な自我なんて存在のしようが無いのでは。

ってのが今んところの私の仮説なので

心理学がやっぱりわからなくなってきました(笑)

あ、また話がズレました。

えぇぇっとぉ。

番組では、フランスでは一度大きな都市開発がなされたらしいんですね。

都市開発に伴い、建築方法も変わった。

故に太陽光が日常生活に取り込まれることになって、

印象派の絵画が描かれるようになった、みたいな事を言ってたんですね。

なぁぁぁぁる。

都市の変容と絵画の変容は無関係では無い。

んとねー。

私、当時の日本とフランスの絵画の合流が知りたくて、岡倉天心の本を読もう読もうと思って早一年過ぎてるんですけど、

まだ読んでない(←バカ)んですが、

昨年の夏に、浅田彰さんに憧れて、京都造形芸術大学に行ったら、

玄関に岡倉天心の銅像がたっててうひょひょ!ってなったんですよね。

はぁぁ。萱野稔人教授に会ったら色々フランスの事訊きたいにゃはー★

また番組の話に戻しまして。

天海さんは次にオペラ座に行きました。

それをみて私は

「うゎー搾取の権化だなぁ」

って思いました。

なかなか素直に「なんて豪華絢爛な柱の彫刻!!」

とは思えないんだにゃ(笑)

日本の建築や絵画の特徴として、空間を取り入れる、っていうのがあるんですね。

しかし、欧米では、(出版物の表紙をはじめ)とにかくところ狭しと空間を埋めることに尽力するらしいんですね(たしか『かたちの日本美』って本にそう書いてあった)。

心休めないっす(笑)

オペラ座のダンサーはそういった装飾を見ながら、

「両親がたくさん働いて稼いだゼニで私が踊る場所なんて、こんなに豪華にしなくていいから、ちっとは再分配しろよ!」

とか思ってなかったかなぁ。


さて。オペラ座の話を戻しましょう。

説明を聞いていると、日本の花街のカラクリにそっくりだと思った。

貧乏な家庭に育った少女は、将来身をたてるためにオペラを習う。

オペラ座では、そんな少女と男性が出会う特定の場所があったみたいで、男性は気に入ったダンサーがいれば結婚できたらしい。

映画の『ムーランルージュ』と芸妓の岩崎峰子を思い出したわー。

世界、西も東も、そういう風に出来ているんだと思った。

スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。