スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は遊女研究で何を得たのか

最近歴女ブログばかりですがお許しをw

さて、3年の後期は遊女研究に突っ走ってしまいましたが、

なぜ遊女研究をしたのか

まぁ後付けでしかないのですが

まとめてみることにします。

私は中学生のときまで、ホントに日本が嫌いで、欧米かぶれで、アスカラングレーそのものだったんですね。

で、何度も書きますが、オーストラリアにホームステイ→日本を語れない自分に気付き、日本を知りたいと思うようになる。

日本人としての帰属意識と誇りを再帰的に得たんですね。

だから私の巫女バイトや遊女研究や祇園でバイトなどというのは

帰属意識の再認識に他ならないんですね。

帰属意識に枯渇している。

なので、「舞妓、遊女研究で何を得たのか」と訊かれた場合

1、女性としての強かな生きざま、美しい生きざまを知れた

2、自分が日本人としての帰属意識を再確認できた

3、海外の人と情報交換する際に、日本の話の一つとして紹介できる

4、社会システムが変容することによって、人間の思考や生活スタイルが変わる具体例が知れた

5、歴史は政治的政策によって変容する事が知れた

ぐらいですかね。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。