スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せと犯罪

じつは。。。

今日、4年越しに念願だった教授の講義を受けました。

4年も死ななくてありがとう、私。

4年間どこかに赴任しなくてありがとう、教授。



すごく有意義な内容でした。

心理学者は、ときに法律という権力の真ん中で仕事をすることがある、国家権力に求められる人材である。

社会を外側から傍観して評論する学者もいれば、

社会の内側で、つまり現場で活躍する学者もいる。

ってのは私の勝手な解釈で、教授は講義でそんな事何一ついっていないのでご了承をww

この前も書いたけど、法律は、どうしても正義とか、善悪で考えざるを得ない場合が多い。

けれど、心理学はそうじゃないらしい。

あえて一般論の悪を悪と解釈せずに、つまり悪という色眼鏡で見ずに、その状態を「ただ、聴く」。

そして理解する。

そうすることで、犯罪を減らしていけるのではないか。



私、ちょっとだけ生きるのがへたくそな人間だった。

だから、

受験戦争の大きな波に乗れる普通の学生が羨ましかった。

うそww

私は不器用だろーがへたくそだろーが

自分の人生が大好きだww

まぁ、そういう経緯もあり、犯罪と承認欲求はかなり深い関係にあるのではないか、という経験則からの憶測。

そして。

私を始めとする、

迷える子羊、カンチガイ信者を救済するように見せかけて、

完全に壁を作って距離を置いて傷だらけになる信者を見過ごす。

わら

わらわら

だったらそういうカンチガイは最初から宗教で救われればいいじゃん、って思うけど、

宗教に救われてもなんだか生きてる感じがしないんだよね。

私は何に救われれば幸せなんだろう。

某社会学者は「幸福論」なんとやらを書いているけれど、

そんなん読んでも私は幸せになんかなれない。

どうしたら、幸せになれるんだろうね。

幸せってなんだろうね。


はい、話は変わり、今日はバッグのご紹介。

ロンシャンバッグ

パリのブランド、ロンシャンのトーとバッグ。

パキッとした色がチョーカワイイ!!

マチが大きいので荷物がたくさん入る!

通勤、通学用にバッチシ使える!










スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。