スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネームバリュー

私は、ネームバリューを最優先に考える。

だから、京都じゃないところで日本文化を勉強していない自分にすごく不満を抱えていて

どうしても、私を京都の大学に行かせなかった母親に八つ当たりしてしまう。

例えばさ。

地方でキャバクラの仕事してましたって人と

東京でキャバクラの新宿してましたって人と

どっちを雑誌で取り上げたいと思う?

表面的な話かもしれないけど、その表面的な肩書きって名刺と同じで、第一印象とか評判とか、自分の付加価値をあげるためにはすっごく大事な事なんだと思ってた。

うん、過去形。

でも、ここ最近は違うかもーなんて思ったり。

まず、私がネット難民をしながら京都巡りをしても満足出来なかったから。

京都の観光産業ビジネスしか見えなかったから。

外国人、修学旅行のこどもたち。

私は、本当は日本の何を感じたら満足出来るのだろう。

うん、そこだよね。

考えてみた。

京都検定を受けるのも一つ。

日本文化に直に携わって仕事をしている人と会って話す。

それもアリ。

で、そもそもなんで私が日本文化を体得しなきゃ、って思ったその理由なんだけど、私、中学生の時に日本がだいっきらいでオーストラリアに行ったの。

そしたらさ、私、日本の事を何にも知らなかった。

茶道?華道?

日本古来からある色彩はなぜ世界の色彩と比較すると特徴的なのか?

日本建築?

神道?

枯山水?

勉強しなきゃって思った。

それが京都に行きたかった理由のスタート地点。

ん〜

京都にこだわらなくてもいいよね、別に(笑)

という事で、日本文化の本を沢山購入しました♪

あ〜あとね、やっぱ祇園は特別。

大学時代に借金抱えてもいいから祇園に息づいてみたい。


今日のコーデのご紹介。

墓穴ワンピ

墓穴ワンピww

いや、なんで墓穴なのかといいますと。。。

んとねーー、このコーデカワイイ!と思ってセットで購入したんですね、私。

そして、自分で着ると、ぜんぜんイメージが違うww

っていうか、いつもクール系しか着ないから、

急にこんなん着ちゃうとね笑

墓穴を掘ってどこまでも!!!!

ブラジルまで♪

ww

ま、とりま日本文化を知りたくて購入した本をご紹介します。



三島由紀夫と司馬遼太郎、考え方は正反対だけれども、どちらも日本を愛していたことは間違いないって内容。



図とか載ってて、眺めてるだけで面白いよww 本屋でずっと眺めてたもん笑



日本庭園。竜安寺の枯山水は。。。。誰もいないときに行きたい泣 修学旅行のクソボーズがすげぇうるさくて、あんまりいい思い出が無い。



梅棹さんは有名ですね。まじ、私が竜安寺で感じたことをこの本で代弁してくださってうれし泣きでした苦笑



いわずと知れたブルーノ・タウト。結構私は、建築美にそれぞれの国の文化を見出したい傾向にあると最近気付いた。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。