スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法哲学ー♪

法律学概論の講義オモローだった!

講義内容は、コレ。

法

法律の「法」という漢字のもともとの形ね。

左がさんずいのもとで、右のもみじ饅頭みたいなウンコスライムみたのが池で、中に入っているものが、上から架空の動物、池に浮かぶ島、つまり架空の動物が棲む飼育場所、そして下が「引っ込める」の意味をあらわすものらしい。

むかああああしの中国人が作った漢字を、日本人は「Recht」(ドイツの法律の意)を翻訳したかったらしい。

そこで相沢さんは疑問を持つわけです。

あれ?

ドイツのRechtもフランスのdroitも、「右」っていう意味だよね、じゃあ日本語に翻訳するときも、右って翻訳したらどうなのよ。

でも、日本は右という漢字に正しいって意味は含まれないかー

だったらしゃーねーのー

ヨーロッパは、右に正しいという概念も含んでいたのには、なんか裏がありそう。

相沢さんはモーソーしました。

自分たちは正しい、という考え方がまずあって

私たちの大半は右利きである

多数は正しい

だから右イコール正しい!!

ちがうかー

誰のギャグだったっけぇーーーww

まーいーや、話は戻す。

ヨーロッパでは法には正義というニュアンスも含まれるらしい。

私は、あんまりその感覚はわからん

正義は、完璧な理想であって、実際の生活上では、なーなーにしておかなきゃやってけないっていうイメージ。

事なかれ主義社会に正義は無い。

はい、また話がずれました。

最初に出した象形文字の意味は、相沢語録で言うと、池という社会システムあるいはパノプティコンに、自我、自立的精神を骨抜きにされた架空の動物、つまり人間が棲んでいる。

それを傍観しているのは神か官僚か陰謀者か、誰なんかねー

てか、明治時代のそのほうに対する考え方って、

戦後日本人を骨抜きにしたGHQとなんらかわりねーだらww

議員インターンしてたとき、秘書の方から「法律は、自分と他社との権利のせめぎあいなんだよ」って聞いてたけど、

この象形文字、他者いねーww

てか架空の動物、だっさーーー

枠組みに対して疑問も持たないし、何のために生きてるのかわからん

生きるエネルギーに自主性が感じられましぇええええん

自分は法律と同等で、ともに生きるという感覚ではないね。

とりま法律って勉強すると歴史や民族性や文化が見えてくるんですねーーーー

面白い!





ゆうひかくアルマは引きこもってたとき、私の仲のいいお友達の一人でしたww



この人の書いた「憲法入門」を秘書の方からいただいて、今でも私の愛読書です。



でたーーーー小室直樹wwうっせー笑




スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。