スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己呈示、印象操作

今日、グループダイナミクス論の講義があった。

講義内容はそんなにおもしろくないんですが

「グループダイナミクス」という研究分野はかなりおもしろいんですのよ。

たとえば、「自己呈示」って言葉があるじゃないですか。

印象操作ともいうのですけれども。

他者に好印象を与えようとする行動のことなんですね、自己呈示(印象操作)って。

でも、あたし思うんですよ。

印象操作をしようっていうその意思が自ずから出てくる環境って、

当たり前のように見えて、実はすごく幸せなことなんじゃあないかと思うのだよ。

だって、私、中二病をこじらせていますから、

毎日この大学にいて、生きている感じがまったく無くて、

ここが自分の生活環境、共同体だという感覚は全く無くて、

他者に好印象なんて与える気すらない。

どう思われても別にどうでもいいし。

自分の共同体がよくわかりませんのよ単純に言うと。

だから社会上層部が共同体って言い始めると、

私の居場所が消えてしまうクライシスに陥るわけですよ。

私の居場所は別にあるっていう妄想的期待が消えるから。

あれだ、自分の生活圏の認知方法の修正に迫られているのであろうが

何かが消えてしまいそうになるのがこわくて私は中二病という病に

すがりついているのです。



私は東京で一人暮らししたり、

京都に住んでみたり、

岐阜で引きこもってみたり、

千葉で男に溺れてみたり、

土地によって「相沢祐香」の像が極端に違うのよ、私は。

一生って一度しかないじゃない?

だからできるだけたくさんの人生を経験してみたいっていう願望が私にはあるのね。

だから東京では妹キャラのあまえんぼさんだったり

京都では歴女だったり

岐阜では非リアのテータラクだったり

かなり人格が違う。

でも悪く言えば一貫性がない。

完全にアイデンティティクライシスですよねーww

自分が誰だかわかんない。

いや、信頼性と妥当性の高い知能検査で平均以下の結果を出すのが

唯一の私のアイデンティティなんだろーなーとは思いますが

だったらそんなアイデンティティ、要らないし受け入れたくもありませんww

アイデンティティを受け入れるくらいなら、妄想の期待にすがりついて生きていきますって感じ。


それから、人ってさ、「こういうグループには入りたい(自分を認めてもらいたい)けど、こういうグループには入りたくない(認めてもらわなくていい)」っていうのがあるじゃない?

たとえば、マジメちゃんクラスタには認めてもらわなくていいけど、ギャルクラスタのグループにはすがり付いてでもそのグループに入っていたい、とか、その逆もあるだろうし

メンヘラクラスタとかマジキモイけど、腐女子クラスタでは承認してもらいたい、とか、その逆もあったり。

でも、あたしはそこんとこ、すんごい不安定なんだ。

すごくわかりやすく言うと、

サンクチュアリっていう漫画の暴力団会長である北条彰の愛人にもなりたいし、

代議士の浅見千秋の愛人にもなりたいっていう。

(例えがあまりにもおかしいww)

まさしく認知的葛藤というか、

極端に正反対のクラスタに好かれたい、意味不明な願望に囚われるのよ。

だから、毎日私はどちらの愛人にもなれず、どちらにも承認されず、

宙ぶらりんでフヌケな生活ばかり送ってしまう。

実は、中村うさぎと私で決定的に違うのは

「本当の私って何?」という問いを自分に投げかけるかかけないか、ということで。

私はそんな疑問、一度たりとも沸いたことがない。

自分の自己実現欲求を自分の実力で満たせれば、自分が何者であるかなんて問う価値も無い

って思ってたんですね。

でも、グループダイナミクスを考えると、

たちまち私は実存(って言葉あんまり好きじゃないんだけど)クライシスに陥るわけよ。

そうか、私には大量のペルソナという武器があって、

それで人生を楽しんでいる気になっているけれど

本当は、自分が幽霊なんじゃないかっておもうときもあるよ。

ホントに。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。