スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シックスセンスと科学と理論の仮想宇宙

「なぁんかヨノナカこぉしたらいんぢゃね?」

っていう、ソーシャルデザイナー

「君、感覚的にこうしちゃいなよ!」

っていう、心理カウンセラー

世の中には膨大な理論がひしめいている。

そんな中

シックスセンスというか、ひらめき、直感でものを言う人がいる。

だからどうだ、って話ではないんだが

例えば数学者でも

理論に理論を重ねて公式まで辿り着く人もいれば

ピアノを弾いてはひらめいて数式を進めていく人もいれば

寝ているときに見た夢に出てきた公式をひたすらノートに綴りまくった人もいる。

色んな人がいる。

私は実は、

「なんで?」っていう疑問に対して何らかの理論や説明があると落ち着くタイプなんです。

疑問にぶちあたると先に進めない、果てしなく不器用人間なのです。

未だに10進数の列が理解出来ないから、美しいとまだ思えないんです。

死ぬまでには解明したい、じゃなくて納得したい、つまり列の美しさを感じるアンテナが自分にもあると期待しているわけですよ(笑)

まぁそういう私ですから、

例えば心理学の投影法とかエセ性格心理学とかシュタイナーの理論の講義とか

途中で気持ち悪くなって

再再再履修しても未だに単位が取れない、っていう事があるんですね。

たまに、

世の中の森羅万象の現象に

人間が取って付けたような仮説理論を後付けして

仮想宇宙という理論のベールが運よく実際宇宙を動かしているだけなのかもしれないとも思ったりすることもありますかそんな世界は恐ろしいなぁとも思います。

恐ろしい、とは人間以外の何かを畏怖する、ってことなのか、自分のホメオスタシスが変容あるいは消えてしまう事に対する強迫観念のような恐怖心なのかと問われれば後者です。

私は自分がセコくて歪んでて卑屈で薄っぺらい人間だという事は承知済みです。

いい人にならなきゃなぁとたまに思いますけどね。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。