スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自殺の定理


統計学の用語を使って言葉遊びをしましょう。

1、幸せな日々を期待する人生

2、それを期待しない人生

A、自傷行為をする人生

B、それをしない人生

があるとしよう。

1の人生が歩めるならば

Aの人生との間には有意差を見出すことが出来るので

Aの人生を棄却することが可能である。



しかし、2の人生を選択すれば、

Aの人生との間には有意差が見られないということだから

出来れば避けたいと思う。

しかし。

C、時間経過恐怖を覚える人生

Cの人生と1の人生はそもそも相反する生きざまであるならば

Cと1をどちらか選択しなければならない。

そしてCを選択したならば必然的に

2=A=C

であり、

逆にCの人生を放棄するならば

1=Bの人生も可能だと考えることが出来る。

しかし、Cの人生を放棄することがどんなに辛いことか。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

一回自分の確立させた自我を殺すことと同義だからである。

でも、インドに行けばそれも可能らしいんだがww

ねこぢるさん、答えてよ

中村うさぎさん、答えてよ

オーソドックスでごめんなさいw

ハムレットいきます。

生きるべきか、死ぬべきか。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。