スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近考えていること

最近私は、友達から

「よくわかんない遠い世界に行ってしまったね」

って言われるようになった。

かつて一緒に地域活性化活動をしていた先輩からは叩かれる対象になったりも。

なんで株式とか資産運用の本読んでんの?純粋さを捨てて汚い大人になるの?

なんでそんな知識ばっかり詰め込んでんの?動けばいいのに。

まぁ、色々言われます(笑)

私は先輩や友達の事は嫌いじゃないしむしろ素敵な考え方を持ってると思う。

なんで知識を詰め込むかって、

社会を好きになりたいからですね。

社会が一つの心を持っているとして

私が社会を嫌っていたら

社会も私を嫌うでしょう?

私が社会構造の上層部(があると仮定して)に対してあからさまにルサンチマンの態度を取っても

相手なんか屁でもない顔をするだけでしょう。

だったら仲良くなりたいと思ったんだよ。

でも仲良くなる方法が見つからなくてさ。

社会システムを構築している人に対して嫌悪しながらもいい顔を向けてそれなりの関係を築いた事なんてしょっちゅう。

でもそんなん虚しすぎたよ。

自分に学歴が無いことに引け目を感じて社会上層部の方々との距離感の保ち方がわからなくなって自暴自棄に走る事もしょっちゅう。

社会上層部が私を「衆愚」だと見下されているのをひしひしと感じながら社会上層部の作った社会の中で「巷のおめでたい幸せ」を演じるなんてまっぴらで。

私をわかってもらうには、私が社会を知るしかない。

それにね。。。

私、大学2年の時に毎日東京の学生イベントでドンチャン騒ぎやってたときに、

ある人にお会いしたのね。

当時私はヨノナカなんて何も知らなかったから

その人をジャニーズのアイドルかなんかだと勘違いしたのね(笑)

まわりの黄色い声もすごかったし。

で、お名刺を交換させていただいて、拍子抜け(笑)

その人は代議士さんで。

何が悔しいって

自分がこのヨノナカに対して感じてきた事を言葉に出せない。

社会を作っている方々との共通理解や共通認識、共通用語を何も持ち合わせていない。

英語を話せなくてイギリス人とお話が出来ない感覚。

それからかな、私が社会に目を向けるようになったのは。

ふとした時に出会えるチャンスをグッと掴める自分になりたくて

私は知識を増やしているのかもしれません。

でも一番大事なのは知識を増やすことじゃなくて

その話のジャンルで自分はどういう考えを持っているか

そこをきちんと話せる自分でありたいと思うのです。

でも、社会はそんなに単純ではないと私は考えています。

陰謀論としてロックフェラーやロスチャイルドの話があって私たちは虫けらでしかないだとか

社会には絶対的な中枢があるだとか(宮台さんの「14歳からの社会学」にそんなんが書いてありましたが私はその記述に関しては疑問です)

ラットレースから抜け出す事が手っ取り早い幸せになるための近道だとか

色々言われていますね。

私もそう思っていた時期がありました。

mixiをやっていたときに日記を書いていたのですが、よく

「君は神になりたいのかい(笑)」

「そんなムツカシイ事を考えてる暇があったら海外旅行にでも行けば」

とのコメントを頂きました。

でも、私を見下している絶対的な上層部の黒幕を見つけたかった私は

ずっと引きこもりながら読書をしまくって

犯人

を見つけていました。

けれど、どこにも見当たりませんでした。

そんなこんなでその問題を解決しないまま私は

京都に住むことにしました。

それで分かった事があります。

犯人は自分であったと。

また、
社会≠陰謀論
≠宮台真司(笑)
≠上層部の作る乗り物
≠敵

ってことにも気付きました。

自明性のみで生きる私は社会と互角に戦えるのだろうか

むしろ自明性のみで生きる人間には承認が与えられない心理戦のような社会が既に作られているのだろうか(これは否定出来ませんね)

解決していない疑問はたくさんありますが

わかったこともあります。

文明を知った者勝ちが絶対的真実では無い。

顕示社会、メディア社会が勝ち組なわけが無い。

私は芸術で生きる人生も素敵だと思っています。

自分の創作した作品が世の中に出る場合

自分が世の中をより知った方が

自分の作品がより大きな翼を広げ

長生き出来るのではないかとも考えているのです。

世の中に自分の存在を知らしめるだけが幸福の尺度じゃない。

そんなこんなで

私はいんとん生活を送っているわけです。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。