スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何のために生きているかわからない

京都最後の日記を

カナーリネガティブなブログで締めくくってすみません。

私は、京都に何しに来たのかわからなくなってしまいました。

私は、マザーテレサでも何でもありませんw

キレイゴトは言いません。

自分のために生きていますw

奪われた人生を奪い返すためだけに努力を尽くして生きています。

汚くて、さもしい人生だと思われても構いません。

簡単に言ってしまえば、私の人生軸というか人生哲学はそんなもんです。

だから私のストイックさは、

簡単に他者を傷つけます。

私は誰の手も借りず一人で生きていくんでね。

自殺未遂を何度も繰り返しました。ストイックすぎるゆえに。

だから自殺しないように自己実現を繰り返すのです。

まるで自転車操業のように。

でも、出した結果もすぐに消えてしまいます。ゼロになります。

何度努力して自己効力感を手に入れても

すぐにその自己効力の感覚を自分の脳が忘れてしまうならば

私は何のために生きているのでしょう。

誰とも繋がらず

ただ自己実現だけを繰り返して

他者と比較しながら姑息に生きる人生なんて

何の意味があるのでしょうか。

何のための繰り返す毎日でしょうか。

苦しみを誰かにわかってもらおうとは思わない。

わかったところで何のメリットもないから。

あの母親はバカだからわからないでしょうし。

簡単にはわかってもらっても困りますし。

山田かまちに出会って

宮台真司に出会って

私は幸せだったでしょうか。

正反対の二人ですが

その正反対の二人の哲学を内在させている現状がとても苦しいのです。

幸せとは

より社会の中枢に登り詰めて行くことですか

それとも

身近な人と、人としての人間関係を築いていく事ですか

私は前者を選択します。

ストイックな私を「面白い人間」だと思ってくださるなら

合理的な私をも含めてそう言ってください。

私は今日、

京都の人に憧れる自分が嫌いになりました。

なぜなら

京都の人に憧れる自分は京都の人を傷つけるからです。

「京都の人」というのは言ってしまえば交換可能だということも出来るからです。

そういう事にも気付かないまま

京都に夢を見ていた私は愚かでした。

自我もろくに確立できず母親から奪還できない私は

人を傷つけるだけの存在です。

青い鳥症候群であることには間違いないのですが

最後の最後まで京都に触れられなかった私は

それじゃあ明日から自分の生きている時間を

何に還元したらいいのだろうか

何をどう頑張れば満足なのか

振り出しに戻ってしまったよ。

でも、大切な事は、ちゃんと忘れないよ。

台風で雨が降ってて知らなかったでしょう。

私はずっと泣いていたんだよ。

こんな私でごめんね。

ありがとう。

さよなら、希望。

さよなら、京都。

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。