スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪人権博物館

今日は一日中大阪にいました。

まずは大阪人権博物館。

先日行ったカフェにフライヤーが置いてあって、即行きたいと思った。

みなさん、屠場(とば)ってご存知ですか?

私たちが食べる牛さんを加工する職人さんのいるところ。

私はずっと興味を持っていた。

なんで私たちが生活する上で重要な仕事をする人に対して敬意を払わないんだろうって。

牛さんに擬人化を投影するのは、変なところが優しいんだろね、人間は。

私の隣で屠場の写真をみていたオサーンは

「人間と言うものは、いかにどーたらこーたら」ってカッコつけてたけど

テメーも牛喰ってんだろが一緒じゃねーかよ

って心の中で突っ込んでたww

屠場の写真展は企画展だったが、常設展もみてきた。

私は農村出身だったから、のほほんと幸せに暮らしてきた。

日本に今でも住んでる所だけで差別があるなんて、知らんかった。

そこは小中学生用につくられた常設展だから、ちゃんと本が読みたいと思った。

その常設展で思ったこと。

なんで職人が差別されてんの?

なんで靴職人や雪駄職人が差別されてんの?

私はアパレルで働いていたから、

それこそルイヴィトンとか一流ブランドの販売員と話すこともあった。

ヨーロッパでは、皮を用いてモノを作る職人は高い誇りを持っていた。

だから、あそこまで一流ブランドに育てることが出来た。

けど、日本て、何?

私たちが生活上で重要なものを作ってくれる職人を蔑む文化ってこれ、何なの?

恥ずかしくない?



それともう一つ。

けっこう様々な被害者が

「今までこんな風につらかった」

みたいなことをたらたら書いていたけれど

だれしもが皆大変な思いをして生きてきているわけで。

私は今日めずらしく学者を褒めますが(笑)

学者はペンで社会を変えるっていうでしょ

とある不遇な状況をブランディングして

地位を高めることもしてる学者もいるわけ。

私、そういうの見ていいな、って思う。

「私はかわいそうな境遇で育ちましたが、頑張っています」

っていう、弱者目線で語るんじゃなくて、

だからなんなの、こんなヨノナカ

ってつっぱねるくらいの強さを持って

自己実現する姿勢の方が

私は生きてて楽しいんじゃあないか

って思うんよね。

今回の常設展をみればよくわかったんだけど

どんな人でも

被害者にもなれるし加害者にもなれると思ったのね。

だったらさ、

自分をブランディングして自力で自己実現しようよ、って思うんだ。

そういう、努力をする。

それと。

沖縄の人やアイヌの人も差別されているということも知った。

いや、話ではきいていたけれど

本当かなって思ってた。

私は音楽検定も美術検定も共に3級取得していて、

民族音楽や色彩、民族独自の模様の勉強もしていた。

そして、心理学も大学で専攻しているから

ユング的な発想でいくと、

どんな色彩配色も模様も音楽のメロディーラインも

人間の心が反映されていて

人間の元型を見ることができるんじゃないか

って思ってた人なのね。

人は皆同じだと思っているから

民族音楽とは普通にかっこいいと思って聴いていたし

まさか差別の対象となっているなんて思わなかったんだよね。

姑息だね、私たちは。

こんなブログを書いている私も、

どこか知らないところで差別をしているだろう。

屠場の企画展のあとは、フェミニズムの企画展があるみたいで、

遊廓論を書いている私にとってちょっとお勉強になるかもしれないので

また行ってこようかしら。。。


話、ちょっとずれるけど

社会のステージと心ってどういう関わりを持つの、と思いながら企画展見てた。

例えばさ。

山口絵理子さんみたいな考え方になるかもしれんけど

政治家とか、社会的弱者に対する政策を考える役職や肩書を持っている人はさ、

やっぱ地位とか名誉とかも絶対に考慮しながら日々をふるまわなきゃいけないじゃん。

いくら世の中をよくしようってったって、高貴な肩書を持つ人間は上から目線なわけで。

私は全然そんなのに縛られてないから遊廓論とか書いて、

少しでも現代社会の「なんか生きづらい」と感じている女性をラクにしてもらえたらな

って思ってるけど

やっぱ理解されにくい分野だし。

同じ「世の中をよい方向に変える」は政策を考える人も私たち物書きも同じなのに

なんだか大きな壁を感じるんさね。

だから何なの?

って感じなんだけど

何が書きたいんだか、あたしはww



大阪人権博物館のあとは、吉岡幸雄さんの「日本の色 千年の彩展」に行って来た。

私はどちらかというと

作品の背後にある物語重視なので

この企画展ではちょっと満腹にならなかった。

だから、吉岡さんの本は必ず読もうと思う。


帰りは疲れて寝てしまって、

気付いたら奈良駅とかwwwwwww

どんだけねとんねん!

そしてひきかえしたらなんか窓の向こうからハデな門が出てきて

え?

あたし、疲れ過ぎて幻想みてる?

ってか帰れる?

って不安になったww

今日は帰って来てから知り合いのルームメーイト一人もみていなくて

今でもちょっと不安定かも(泣)

まぁそんなこんなで、

明日も楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。