スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週明けでなんかお疲れのブログ

おひさしぶりでん。

管理人は何をしていたかというとですね、

教授から借りた法廷ライブの本を読みながら、必死に犯罪心理学のレポートを仕上げておりましたん。

しかも!

犯罪心理学のテストで、法廷とかギャクソウ?とかなんかそんな内容が出てくるらしくて、

なきたくなってきます。。。

そんなこんなですが、まだ松井証券さんからパンフレットが届いておりませんのよ。

だから動けませんですの。

そして今月の目標ですが、

・株購入

・来月京都に引っ越すための準備

をしますですの。

京都で何すんの、って感じですが、

秘密ですのん♪

ま、色々やりますのよ。

計画中ですの。



さて。いつものニュース。

名古屋地検の「可視化」中止…容疑者が撮影拒否
読売新聞 7月2日(土)1時25分配信
 名古屋地検特捜部が初めて取り調べの録音・録画(可視化)を行っていた事件で、容疑者の拒否により、録音・録画が4日間で中止されたことがわかった。
 この事件は、愛知県弁護士会所属の弁護士、広嶋聡(さとる)容疑者(35)が成年後見人として管理していた財産を着服したとされる事件で、地検特捜部は1日、広嶋容疑者を業務上横領罪などで名古屋地裁に起訴した。
 捜査関係者によると、録音・録画は、6月16日の逮捕直後から19日まで行われ、大筋で容疑を認めた様子などが記録されたが、詳細な経緯や動機の追及が始まると、広嶋容疑者が拒んだ。特捜部が再開を求めても、応じてもらえなかったという。
 取り調べの可視化は、容疑者が拒否すれば行わないことから、今回、広嶋容疑者が録音・録画を拒否する場面も記録されていないという。こうしたケースでは、本当に容疑者の意思で拒否したかを巡り、公判などで争点になる恐れもある。

可視化って被疑者のためにあるものなのに。。。
拒否の意味がわからん。
恥な自分を撮られたくないとか?
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。