スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理学検査に対するギモン

こんちゃ。

やりたいことがたくさんありすぎて、

というか、

何でもやらないと自分の存在が消えていくような気がして、

だから

いろんな知識とか経験とか積まないとって、焦ってて

時間に色を塗りたくることと、

時間が自分の存在を消していくことの

自転車操業というか、

繰り返し。

自分の自我を確立させるって、

どういうことなんだろう。。。

感覚がわからん。

そんなこんなで、

やりたいことをひとつ減らします。

心理学検定を受けません。

趣味としての知識蓄積のために使います。

内容は面白いんだけど、

心理学の教授にもあまり知られていないようなので。

現在やることの整理。

あ、それと、心理検査のギモン。

心理検査って、どんな性格を持ってる人にも上から目線で

「あなたはこういう人です」って答えを出すじゃん。

たぶん、太宰治にも「典型的でハッキリとした○○型です」とかって答えを出すんじゃないかな。

あの性格だからステキな作品も書けるのに(私は好きじゃないけど)、

「いかにも○○っぽい人が書く文章表現だ」って診断するように作品をみちゃうと

なんか

絶望だよね笑

作品の細やかな技術もただの疾患ゆえの記述って感じ。

恥さらしもいいとこ。

んで、たぶんわたしのことを「典型的な○○型だなあ」と見ているであろう某教授もむかついたww

被害妄想かもしれないけれど

私の劣等感をここでさらさねばならないのかと思うと

・・・これ以上言わないけど

今まで私のブログを読んでくれた読者サマならこのあと何を書こうとしているのかは

察しがつくと思う。

なんか、性格で人の存在を弁別されるなんて

生きている意味ないよね。





世界の「破綻国家」ランク、ソマリアが首位 4年連続
CNN.co.jp 6月23日(木)16時42分配信
(CNN) 世界177カ国を対象にした「破綻(はたん)国家」の指数調査で、アフリカ東部のソマリアが4年連続で首位だったことが非営利機関(NPO)の「Fund for Peace」がまとめた報告書で23日までに分かった。
米誌「Foreign Policy」が21日に掲載したもので、2位から4位まではチャド、スーダン、コンゴ民主共和国(旧ザイール)とアフリカ諸国が並び、5位はカリブ海のハイチだった。昨年1月に大地震に見舞われたハイチは2010年の同様調査では11位だった。
ソマリアでは政府とイスラム反政府武装勢力との戦闘が今なお続き、沿岸部での海賊行為も頻発しているが、有効な対応策が打ち出せない無政府状態にある。ハイチについて同NPOの責任者は、国内情勢が早急に好転するとは思えないとの悲観的な見方を表明。過去の破綻国家調査で同国が上位15カ国から外れたことがないことから、今後もこの状態が続くと予想した。
米国の軍事作戦が進められているアフガニスタンは7位、イラクは9位だった。
一方、破綻度の少ない国家の順位ではスカンジナビア諸国が上位を占め、首位はフィンランド、ノルウェーが2位、スウェーデンが3位だった。米国は158位だった。
破綻国家のランキング報告書は、社会、経済、政治的な課題を基準にした計12指標に基づき作成。同NPOは、リストの上位にある国家は必ずしも破綻国家を意味するものではないとしながらも、政治、経済や社会各分野で大きな問題を抱えていると指摘、「不幸なことに多くの国ではわずかの改善しかない」と述べた。


ネットで調べても記事にも、日本の順位が明らかにされない。

これってどうなの?

ちょっと話はずれるが、国家の話。

歴史って、繰り返されるのだなぁと思った。

先日西洋史概論の授業であった話なんだけど、ルネサンスの終焉時、人々が南米に行き、資源がたくさんみつかったらしいのね。

それで、人々はとのとき、地中海のさびれ具合にがくぜんとしたんだって。

資源があって未開の地と、終末感の匂いはするがそこに歴史と文化と都市がある地と、

人はどちらを自分が生きる土地として選択するか。

私は、どちらを選択するだろう。

あなたはどちらを選択しますか。。。



もんじゅ炉内落下の装置、引き上げ開始2011年6月23日21時8分

monju.jpg


 日本原子力研究開発機構は23日夜、高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の原子炉容器に落下した装置を引き抜く作業を始めた。今回が3度目の挑戦。うまく引き抜けても、機器が元通りになるまで数カ月はかかる。東京電力福島第一原発の事故後、もんじゅを含む核燃料サイクルをめぐる環境は厳しさを増しており、運転再開が長引くようだと、もんじゅの存廃にもかかわる事態になりかねない。
 原子力機構は23日午後8時50分、クレーンを使って装置を引き抜く作業に入った。引き抜きには専用容器「簡易キャスク」を使い、終わるまで8時間程度かかるという。
 もんじゅはこれまで、様々なトラブルを起こしてきた。1995年のナトリウム漏れ事故では情報隠しが不信を招き、再起動まで14年5カ月もかかった。再起動後の昨年に起きた装置の落下も、不十分な管理が招いた結果だった。

もんじゅなーーーー

ツイッターでよく取り上げられてるよ。

なんでこんなカワイイ名前なんかねーーー

しかも、私福井出身の知り合いがいるんだけど

あつがしって言ったら怒られた経験があるww

つるがです。

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。