スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お上の指示に従うというスタンス

ほうううううん。

今日の比較心理学の話もおもしろかったあああん!

で、gmailが開けなくて、課題出せなくて、

あたふたあたふた汗

あ、昨日のアクセス分析で、

私の本名と、「横粂 イケメン」で検索して来てくださった方がいることをしりまんた。

私の本名でこのブログに行ける日が来たんですね!!


で、今日も面白いニュース。

中国が日本国債「大量買い」 政治的な意図はあるのか
J-CASTニュース 6月15日(水)12時3分配信
 中国が日本国債を大量に買っている。東日本大震災のあった2011年3月が2345億円、4月はじつに1兆3300億円(いずれも、速報値)にも達した。中国が保有する日本国債の残高は4月末時点で5兆7680億円(推計)に上り、英国、米国に次ぐ第3位にある。
 日本国債は、1月に米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最上位から3番目の「ダブルA」から「ダブルAマイナス」に1段階格下げした。多額の財政赤字を抱えているうえ、震災後の復興でさらに多くの資金の調達を国債に頼らざるを得ないため、国内外の投資家からの信用が揺らいでいるのだ。
■「米国債」一辺倒からの分散投資が狙い?
 そういった状況にありながら、中国は2010年10月以降の半年で5730億円の日本国債を買った。それが11年4月には、一気に1兆3300億円もの買い越しとなった。震災後の「大量買い」の真意は不明だが、専門家は「米国債からの分散投資の一環だろう」と、口を揃える。
 第一生命経済研究所の主席エコノミスト、嶌峰義清氏は「巨額の外貨運用を米ドルに偏れば、ドル安の影響を受けやすい。一方でユーロもギリシャの財政不安などの問題を抱えている。貿易取引額の多い主要通貨という観点から、当然、日本円も投資先に入ってくる」と話す。
 また、国際アナリストの枝川二郎氏は「いまや中国は世界トップの外貨準備国ですが、保有する外貨資産は米国債がほとんど。しかし、その米国の財務状態がよくないので、リスクを分散したいことはあるでしょう」と説明する。
 ポートフォリオを考えて米国債を減らし、その分を他に分散投資したいが、金や穀物などはすでに高値圏にあって下落リスクが高い。結果的に、「消去法」で日本国債が残ったということのようでもある。
■「政治的なカードに使えるほど単純ではない」
財務省は、国の債務残高が2011年末に1000兆円を超すとみており、国民一人あたりの負担は750万円を超す。それでも「国の借金」である日本国債は、95%を日本人が保有している。
 枝川氏は「いまの状態はタコが自分の足を食べているようなもので、日本にとってよくない」と指摘。日本国債は中国を含む、海外投資家にもっと保有してもらったほうがよいという。
 その一方で、中国の日本国債の保有が増えると、「政治的なカード」に使われることを懸念する向きがあるが、「それを気にするほどの残高ではない」(枝川氏)。
 前出の嶌峰氏も、「日本でも以前、『米国債を売りたくなる』と発言して物議を醸した首相がいたが、そのひと言で米国債が暴落して円が急騰。米国債を保有していた国内の機関投資家が含み損を抱え、また輸出企業が大きな痛手を被って、結局日本にハネ返ってきたことがあった。いまのグローバルマーケットは保有国債を政治的な駆け引きに使えるほど、そんな単純なものではない」と、一蹴する。


■「米国債」一辺倒からの分散投資が狙い?
リスク分散ですね。

■「政治的なカードに使えるほど単純ではない」
陰謀論とかの本を読むと、結構こういう話出てくるよね。
私もちょっと心配してたけど、そんなに心配することでもない、らしい???
なにが正しいのかよくわかんないね。



<消費税>17年までに15%…IMFが日本に提言
毎日新聞 6月17日(金)13時24分配信
 【ワシントン斉藤信宏】国際通貨基金(IMF)は16日に公表した日本に関する年次審査のスタッフ報告書の中で、財政危機回避に向けて、17年までに消費税率を現行の5%から15%まで段階的に引き上げるように提言した。報告書は日本が先進国中で最悪の財政赤字を抱えている上、高齢化で社会保障費が肥大化していることを踏まえ、「(財政再建には)消費税増税が最も効果的」と指摘した。
 菅政権は20日の正式決定を目指し、15年度までに消費税率を10%に引き上げることを盛り込んだ「税と社会保障の一体改革案」の大詰めの調整を続けている。そんな中で出されたIMFの提言は、今後の日本での消費税議論に影響を与える可能性もある。
 報告書は「なぜ、いつ、どのように日本の消費税を引き上げるか」をテーマに、「日本の消費税率は世界的に見ても最低水準で、税率アップによる税収増の余地が大きい」と指摘。実際に増税に着手する時期については、大震災対応に伴う復興需要を踏まえ「12年から見込まれる景気回復の機会を利用すべきだ」としている。さらに、増税ペースに関しては「(消費税率を)12年から毎年1.75%ずつ引き上げるのが望ましい」とし、17年までに小刻みに消費税率を引き上げていく段階的なアプローチを提言している。


ええっと、え????

日本人さ、「自分たちでそう判断して税率上げます」って言えないの?
全部お上からの指示だから仕方が無いっていう形で納得したいの?
なんじゃそりゃ。



民主、与野党党首会談を呼びかけへ…自公は拒否
読売新聞 6月16日(木)14時26分配信
 民主党の斎藤勁国会対策委員長代理は16日午前、国会内で記者団に、「国会会期の延長の幅を含めて与野党党首会談が設定されることを期待する」と述べ、週明けに自民、公明両党などに党首会談を呼び掛ける考えを示した。
 これに対し、自民党の逢沢一郎国会対策委員長は党の会合で、菅首相が辞任時期を明確にするなど、環境が整わない限り党首会談を拒否する考えを示した。公明党の井上幹事長も党中央幹事会で、同様の意向を表明した。

んとー。
与野党党首会談が設定されることを期待する
って斎藤勁国会対策委員長代理さんがいってたんですね。

で、逢沢一郎国会対策委員長さんは、
菅首相が辞任時期を明確にするなど、環境が整わない限り党首会談を拒否って言ったんですね。

与野党党首会談でどんな話し合いが行われるんでしょうかね。

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。