スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブンティーンズマップとか

今日は学校の就職活動セミナーがあった。

セミナー講師の方に相談した。

とっても親切に相談に乗っていただいたからうれしかった。

学校の就職活動サポートの話をあてにしないほうが就職活動はうまくいく。

情報収集は自らやる。

そんだけ。

あ、そうそう、私はずっと「ベンチャーいくべ」っていってたけど、急に路線変えて「金融いくさ」って言い出してからは「相沢ちゃんらしくない」っていわれるようになりまして笑

私の「金融業界」のイメージと、友人のそれとは結構距離があるみたいで、なんか不安になってきて、それを相談したら、

「会社によって、金融業界でも面白いマーケティングしてるところは探せばあるよ」

って言ってくださって、なんだか働くのが楽しみになりました。

厳密にいうと、社会の内側から社会を見ることができる環境に行くことが楽しみ、ですね。

あとは、ね、

もう少し人と社会を信用して壁を作らない人間になれたらと思う。


さささ。今日もニュース。

自宅にパソコンがないのでいつも私のブログは一日遅れの情報ですが、まぁ社会を読む練習なので、気にしない笑

<アフガン>経済安定化へ…パキスタンと通過貿易協定
毎日新聞 6月15日(水)0時51分配信
 【ニューデリー杉尾直哉】パキスタンとアフガニスタンは、長年の懸案だった輸出入品の通過貿易に関する協定を12日に施行した。内陸国アフガンは、パキスタンを経由して自国産品の輸出を拡大できるようになった。アフガン復興と経済の安定化へ向け、パキスタンが協力した形だ。
 両国は治安問題などを巡って対立しがちだったが、来月予定のアフガン駐留米軍の撤収開始をにらみ急接近。新協定は、アフガンのカルザイ大統領が11日にパキスタンを訪問した際に発表され、関係改善を印象付けた。
 パキスタン側は、現在年間20億ドル(約1600億円)の両国の貿易額を2015年までに50億ドルに拡大できると期待している。
 アフガンは、果物や手工芸品が主な輸出品だが、リチウムなど地下資源も豊富とされ、パキスタン経由の輸出ルート確保は不可欠。新協定でパキスタンとインドのワガ国境を通ってインドにも輸出できるようになった。
 ただ、インド側の意向を受けてアフガンが求めたインド産品の輸入は認められなかった。インドがアフガンへの影響力を伸ばすのをパキスタンが警戒しているためだ。
 新協定は1965年の協定を改定した。昨年7月に原則合意し、銀行保証など手続き面の交渉が続いていた。米国務省は13日「地域の安定化に大きく貢献する」と歓迎した。
 アフガンは輸入品の約3割をパキスタン経由、残りをイランとタジキスタン経由のルートに頼る。米国は、アフガン-パキスタン間の貿易関係を強めることで、相対的にアフガンにおけるイランの存在感を低める思惑もあるとみられる。


来月予定のアフガン駐留米軍の撤収開始をにらみ急接近。
結局アメリカが邪魔してるだけじゃんよww

インド側の意向を受けてアフガンが求めたインド産品の輸入は認められなかった。インドがアフガンへの影響力を伸ばすのをパキスタンが警戒しているためだ。
国交って、ホント、人の心をどれだけ読めるかの接戦だよね。

米国務省は13日「地域の安定化に大きく貢献する」と歓迎した。
じゃあ最初から米軍撤収しろし、と思うが。

tyuto.png

経済効果5兆円=家電エコポイント、予算の7倍―政府
時事通信 6月14日(火)16時0分配信
 政府は14日、3月末で終了した家電エコポイント制度について、予算額の7倍に当たる5兆円の経済波及効果があったとの分析結果を発表した。また、延べ32万人の雇用を創出したとしている。
 家電エコポイント制度は2009年5月、リーマンショック後に急激に落ち込んだ消費を下支えしようと、自動車エコポイントと併せて導入した。省エネ効果の高い薄型テレビ、エアコン、冷蔵庫の3品目を購入すると、商品券や全国各地の名産品と交換できるポイントを付与する仕組み。
 分析によると、3品目の生産押し上げのほか、小売業や卸売業、物流業の売り上げ増もあって波及効果は4兆円。加えてポイントを使った消費の押し上げ効果が1兆円だった。 

国民のコメント読んだけど、

なにそれなにそれ!?

国民が一番造反しとるやん!

何が「麻生さんはエライ」だ?

いまさら?

メディアに踊らされたオマエ等、なんなん?

私はあのころ、キャバクラで働きながら、

「まじ政権交代とか期待してませんけど」

ってお客さんにめっちゃ言いまくってたしww

んで指名いただきましたしww

延長もありがとうございますだったしww

つか、あの頃の麻生さん叩きの意味がわからんかった。

まぁ叩く理由をなんとなく話は聞いていたが、

それでもないわーと思った。

麻生さん、中川昭一さんのイケメンお二人、めっちゃ好きやったわーww

いや、麻生叩きが気に食わん理由がイケメンだけではないことは当たり前なんですが。

とりま、麻生さんは好きだけど、

私はままん(母親)に

家電エコポイントといういかにもおいしそうな話に乗っちゃだめだよ

とは言っておいたけどねww

うちのままん、

超ヒステリックに倹約するのに、

こういうトコ

理論的に考えられない人だからww

私も人のこと言えんがww



景気の現状判断を前進、成長支援で新たな貸付枠5000億円=日銀
ロイター 6月14日(火)14時11分配信
 [東京 14日 ロイター] 日銀は13─14日に開いた金融政策決定会合で、景気の現状を「生産面を中心に下押し圧力が続いているが、持ち直しの動きもみられている」とし、判断を一歩前進させた。
日銀が成長基盤支援で追加策:識者はこうみる
 成長基盤強化支援の資金供給について、動産・債権担保融資(ABL)などの普及支援を目的に総額5000億円の新たな貸付枠を設定することも決めた。
 また、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を0─0.1%程度に据え置くことを、全員一致で決定。金融資産買い入れ基金による緩和策についても現行計画に変更はなかった。
 <生産活動や国内民需に「持ち直し」の動き、残る下押し圧力>
 日銀は前回会合まで、景気の現状判断を「生産面を中心に下押し圧力の強い状態にある」としていた。今回は、震災の影響で生産を中心に下押し圧力が続いているものの、供給面の制約の和らぎや、家計・企業のマインドが改善しつつあることから、「生産活動や国内民間需要に持ち直しの動きもみられている」と判断を前進させた。
 先行きについては「当面、生産面を中心に下押し圧力が残るとみられる」としたが、供給面の制約の和らぎとともに生産活動が回復していくにつれて「2011年度後半以降、緩やかな回復経路に復していくと考えられる」とし、景気回復シナリオを維持した。
 こうした日本経済の先行きリスクでは「震災が日本経済におよぼす影響の不確実性が大きい」とし、海外経済や国際商品市況の動向も含めて従来の認識を踏襲。「当面は、震災の影響を中心に、下振れリスクを意識する必要がある」とした。
 金融政策運営では、デフレ脱却と持続成長への復帰に向け、包括的な金融緩和政策を通じた強力な金融緩和政策を推進していく。今後も震災の影響を始め、「必要と判断される場合には、適切な措置を講じていく」との方針も維持した。
 (ロイターニュース 伊藤純夫、竹本能文)

動産・債権担保融資(ABL)
ABLとは、借り手の事業活動そのものに着目し、農畜産物(牛、豚、野菜など)等動産や売掛金を担保に資金を貸し出す仕組み。これまで担保としてあまり活用されてこなかった動産等が評価され、新規の融資枠が設定されることで、資金調達手法が広がり、必要なタイミングで必要な運転資金を借りることができるようになる。

政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を0─0.1%程度に据え置く
どゆいみぃん????

まず、コール市場から。
銀行間取引市場ともいい、銀行のみが参加し短期資金や外資を取引する市場のこと。

無担保コール翌日物(もの、って読むらしい)
短期金融市場の金利の一つ。

無担保コール翌日物(むたんぽこーるよくじつもの)とは、日本の金融機関が、短期資金のやり取り(貸借)を行うコール市場において、約定(やくじょう、株などの売買が成立すること)した翌日に返済を行う際の金利のこと。

国民の面白いコメントを集めてみました。

・バカじゃなかろうか?

・相変わらず、頭の中がお花畑だな。



んで、そういう考えもあるよねコメント

・札を刷らない理由は、有力者の紙幣の資産価値が目減りするからだろ??

・5000億の貸付を家計で例えてましょう。いつも子供にあげている100円の小遣いが、2,3ヶ月の間だけ110円に
なったようなものです。


国民が怒ることを承知で情報を流しているわけだよね、

そこに何かしらの理由があると思われるが。。。



さて。

時事を追うということを半年続けてみました。

感想。

よく半月続いたなぁとww

ずっとヤフーニュースを追っていたのですが、

ロイターとか、日経ネット(一応登録はしてある)とかも読み込める人間になりたい。

大前研一さんとか各々の政治家のブログとか読み込めるようになりたいし。

あとは、資産運用の勉強をもっとしたい。

企業の動きとか、ゼニの動きとか、政府の動きとかも。



スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。