スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05/21のツイートまとめ

yuka_aizawa_

ルール整備は必要なんでしょうか?面白いビジネスのやり方だなって私は思ってました。デメリットは無いと思います。って偉そうでごめんなさい(・ω・;)プルプル@t_inagi「メガマックなう」http://t.co/OC3K2g9 って食べてなくてもつぶやく
05-21 21:39

おにたんの遅い空飛ぶ絨毯に休日が乗ってればゆっくり進むのにね(´o`)ノシ@Keeeeeeeeeeiiii あした日曜日なんだな。休日って走っていってしまうね。
05-21 18:42

「変顔しないでちゃんと笑うんだよ」ってあんなに言ったのに!偶然同じ時空間で繋がった、一生で一度の出会いを納めたフィルムの中の彼女は、どんな表情でも可愛かった。ビアンですビアン。
05-21 18:40

@Keeeeeeeeeeiiii あ、全然いいよ!!これあたしのネタだから♪
05-21 16:44

@Keeeeeeeeeeiiii 食い違っているのかぁ。 可愛い妹の本名を暴いたな(笑)
05-21 16:41

男を信じて自分の駒を放り投げちゃいけない。裏切られたときに自分の女としてのプライドが傷つかないように、自分が勝つ方法は常に考えておくべき。ずっと一緒、を望まない場合に限るが。
05-21 15:56

@Keeeeeeeeeeiiii おにたんの考えてる事が難しすぎてついていけないにょ(・。・; どゅこと?
05-21 15:46

そしてシロサギが小説を書き終えて私を棄てるとき、私は最後の駒を動かしてチェックメイト。女のヘドが出ない幸せは、自転車操業?
05-21 15:44

狩られたと自覚していても、シロサギが社会的に「偉い」と言われている人であれば、「女の幸せ」に没落していく人生よりずっといい。
05-21 15:42

この世には「愛」を語る本が膨大にある。そんな愛を実践し経験するために、はたまた「愛」をテーマとした小説を書くために女狩りをするシロサギがいる。
05-21 15:39

だったら「女性」というツールを、巷で言われている「女の幸せ」というヘドの出そうな価値観のために使うのではなく、社会的承認のための手段とした方が賢明ですね。そういや私は上野千鶴子さんと出身地が同じww
05-21 15:36

働く人は偉いですか?だったら資本主義社会の成長のために加担しない主婦の働き方は社会的承認を得られないですか?
05-21 15:32

働いて結果出して社会的に承認されるには、自分が生きている事の確認行動をする時間を減らさねばならない。
05-21 15:29

ガンダムの操縦士であるアムロのファンになっても何も変わらなかった。ファンになれば「働かざる者食うべからず」と言われずにすむ生活が出来るかなとか、ルサンチマンを卒業出来るかなと思ったけど。。。中島さんと宮台さんが仲良くならないと、なんか救われない(爆)
05-21 15:27

「ゲーテが生んだウェルテルが生きているならば、彼の人生を救えるのはこの世に私しかいない!」という糞イタいモーソー女やってみたり。狂ってる。狂ってるのは学生だった私。教育システムでも日教組でもなかった。
05-21 15:17

バカ騒ぎして毎晩イベントで華やかに生きてる単純な女、ってイメージが私に添付されているけれど、実は仮面だったりする。三島由紀夫の「仮面の告白」じゃないけれど。
05-21 15:14

「幸福からの逃走」という言葉は、エーリッヒくんのパクりだが、要は幸福な日々が非日常で、日常に戻りたい私は、フロイトの「死の欲動」パターンに乗っ取っているだけだ。あるいは反復強迫とでもいいましょうか。
05-21 15:12

「そんな人生楽しい?幸せ?」って言われるけど、人生に楽しみなんかはじめから求めてませんが何か(笑)
05-21 15:09

ルサンチマンから卒業するにはどうしたらいいんだろう。生きている事の確認をしない人になりたいけどなりたくない。なりたくないけどなりたい。
05-21 15:06

ということで、今までの思考回路とアイデンティティと心を死なせるために、インド旅行決行!旅費を稼ぐためにバイトをしなきゃ!嫌や~生きている事を確認する以外に時間を割きたくない。
05-21 15:01

重すぎる自我を死守することだけ生き甲斐で、「働かざる者食うべからず」の社会サイクルに不参加の私は、生きる価値は無い。死ぬのが怖い!でも働かない生活についてくる膨大な罪悪感も苦しい!
05-21 14:59

「死が怖い」とかいう内容の本を出版して資本主義社会に適応して印税を儲けるのは、「テメェ結局死を怖がってねぇじゃんか」と突っ込みたくなると同時に、資本主義社会に適応することが死に対する恐怖からの脱却に繋がるならばオイシイじゃねぇか、とも思う(笑)
05-21 14:47

@Keeeeeeeeeeiiii 社会システムを構築する時間と自分が生きていると確認できる時間はイコールで結べないと思うから。詳細ゎ→http://t.co/qbbGzfF
05-21 14:42

引きこもりより、社会の中枢で社会システムの操縦士にとして生きる方がきっと楽しいと思う。でも、操縦士になるならば、「自分が生きている」と確認するための時間は割けなくなってしまう。
05-21 14:37

生半可な気持ちで「死ぬのが怖い」なんか言ってんじゃねーよ。
05-21 14:34

ホントに死ぬのが怖かったら、社会の歯車(従う側にしろ操縦する側にしろ)のために自分の時間は割かないだろ、って思う。
05-21 14:33

中島義道は「死ぬのが怖かった」というが、嘘つけって突っ込みたくなる(笑)死ぬのが怖かったら、受験勉強なんてしないで生きている事の確認に時間を割くんじゃないの?って思う。
05-21 14:32

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。