スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塚本隆史!

今日も1限のゼミ遅刻しまんた汗

3度寝しまんた泣

さてヤフーニュース。

みずほ銀とコーポ銀が合併へ=システム障害受け合理化―持ち株会社社長に佐藤氏
時事通信 5月18日(水)6時39分配信

 みずほフィナンシャルグループ(FG)が、個人向け業務を中心とするみずほ銀行と大企業向け中心のみずほコーポレート銀行の傘下2行を2013年春にも合併させる方向で検討に入ったことが18日、明らかになった。非効率と指摘される2行体制を改めることで収益力を高めるとともに、3月の大規模システム障害で失った信頼を回復させるのが狙い。「創業的出直し」(関係者)に向け、首脳人事も刷新する。
 みずほコーポ銀の佐藤康博頭取(59)が、6月にも持ち株会社であるみずほFGの社長を兼任。東日本大震災直後に大規模システム障害を起こしたみずほ銀の西堀利頭取(58)は責任を取って辞任し、後任に塚本隆史みずほFG社長(60)が就く見通し。週明けにも公表する。
 第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の旧3行が統合して発足した同グループは、一勧と富士のリテール(個人向け)事業をみずほ銀に、興銀の法人営業をみずほコーポ銀に引き継いだ。しかし、旧行意識を残したままそれぞれが人事部門と財務部門を抱えるなど重複が多く、みずほFGの高コスト体質の大きな要因となっている。
 みずほ銀とみずほコーポ銀を合わせた預金残高は約77兆円、貸出金残高は約59兆円で、ともに国内2位。
 みずほFGは昨年5月、中期基本方針「変革プログラム」を公表。持ち株会社への間接部門集約といった合理化を進めていたが、他行との競争が激化する中、一段の合理化が必要と判断した。傘下2行の合併に向けた詳細は今後詰める。

やぱ金融気になるお年頃でん。

金融がたまに貧乳に聞こえてしまうのは私の耳に異常がorz

出ましたつかもとたかし!




いやだから俳優のほうじゃないってww

しかも漢字違うし。

なんか、こう、合併ばかりされると、消費者としては、不安だ。

何を考えて何をたくらんでいるんだろー。

お金は生きるためには必要で、金融機関なんか完全に生活のインフラで、

そのインフラを支えている業界の会社ですごい勢いで動かれると、

正直怖い。

人はどこまで自己責任で金融を知っていなければいけなくて、

どこまで自分の生活を守っていかねばならないのか。

どんな方法で知ったらいいのか。







スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。