スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理学検査めっちゃ勘違いしてた

はうーーーーん

心理検査実習の講義が終わりましたあん

ぬん

決定的に私は勘違いしてましたww

大学2年のとき、初めて心理検査実習の講義を受けて、

わけがわからなくなったので、

休学してボロクソに心理学の本を読み漁って、

今に至るわけなんですが、

私、勘違いしてましたww

2年のとき、いや、3時間前まで、

この「心理学検査実習」の講義内容は、

すでに存在している心理検査が、本当に正しい答えを導くものなのかを改めて実証する内容だと思っていたんだわさ。

で、今日やったのが、NEO-FFIっていう人格検査。

http://www.chibatc.co.jp/catalogue/03/89.html

「この検査がどんな風に作られていったのか、本当にヒトの人格を分類できるのか、そもそも人格を何の基準で分類するのか、どうやって分類するのか、検査そのものを解体していくのかなー」

なんて思ってビビリまくってたけど

(いや、シラバスをみても、検査の名前しか書いてないから、その検査をどう講義で取り扱うかは想像するしかないわけで)

で、今日リベンジしたわけよ。

カナーーーーリ拍子抜けしました。

その検査を解体して、自己流解体新書的なレポートを提出するのではなくて、

自分が検査の被検者になって、出てきた結果をレポートに書くだけ。

なんだそれし!

裏切られたわ!

イージーゲーム

まるでバナナの無いマリオカートみたいなカンジww

いや、そもそも教育者は大学生に解体新書(?)は求めてないか。

私の知的好奇心は尽きぬ。

ま、ヨユーで提出しますわよ♪


話かわりまーす

今日、改めて議員インターンの同志の優しさ、人望、あたたかさに激感動した!!!!!!!!

もう本当にありがとう!!!!

なんかね、GWは議員インターン一色になりそうです。

あとはちょっとの競馬と、哲学。

本当にうれしい。

感謝。




指定教科書。地味に面白い。トイレで読みふけってしまいそう。



休学してたときに読んだ本。ジモッティーな話になるけど、コメダで朝から晩まで読んでたww
ひきこもってたときは有斐閣だけがお友達でしたww



このほんの著者は富山大学の教授で、結構ビールの辛口スーパードライなカンジ。



あ、うん、これこれ。これは読んだこと無いけど。



学校6





スポンサーサイト

コメント

 
こんにちは。
「なんのために人格を分類するのか」という点も人格検査としては重要ですよね。
相沢さんが注目した点は心理学をやっていく上でとても重要だと思います。
人格検査や知能検査は今の心理学になくてはならないものですが,それを使うのならば,その検査の成り立ちや問題点等は知っておきたいところですね!
KITさん

コメントありがとうございます!

そうだと思います!

個人的に調べておこうと思いました★

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。