スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖書と能と古事記

最近ストレスで寝れません。

昨日は一日中疲労で意識朦朧としていて

森見登美彦の文章も頭に入ってこないような(これが一番腹立ったww)

そんな日だったのに、一晩中眠れず、もはや午前4時です。

空、明るいですww

元気にふるまっていても、色々抱え過ぎていて怒りで涙が出てくる。



話を本題に移します。

数か月前に、東京で神学を研究している院生とおしゃべりする機会があって、

こりゃキリストの勉強せな!!との思いに駆られて

キリストに関する本を買い漁った事があるんです。

それで、眠れない夜に、

久しぶりにその大量のキリストに関する本が所蔵されている本棚に手を出したんですよ。

ありました、岡田温司さんの本が。

あると思ったのよ。

私の知的好奇心が世の中を網羅しないわけがないじゃない。

それで、眠れない夜にぱらりとめくる。

『聖書と神話の象徴図鑑』。



心理療法で箱庭療法というものがあるのですが、

クライアントの作った箱庭の解釈は、

そのクライアントが生きてきた社会や宗教的背景から

すごく影響を受けると思うんですよね。

だって、仏教圏ないしは神道圏で育った私が仮に

箱庭にサクランボを乗せまくったとして

カウンセラーに「受難の象徴ですね」とか言われたらたまったもんじゃありませんからww

知りませんよそんなこと、ですよね。

ただ、どこの地域に行っても共通する象徴がある場合も考えられますよね。

それをユングのいう元型と言ってしまってもいいかはわかりませんが。

そもそもメタに考えてみると、

「象徴」という概念はなぜ存在したのかと。

どう形成していったのかと。

そもそもそんな概念は必要なのかと。

社会的に、後天的にインプリンティングされる知識でしかないのか。

あるいは先天的な次元の話なのか。

先行研究かもーーーーん!



余談が長すぎました、すみません。

私が心理学部生(心理学の語源)だからですかね、

それとも個人的に好きなテーマだからなんですかね、

一番最初にプシュケーのページを開く。

どんな解説になっているかしらと。

なんやら、

おしゅーとめさん(アフロディーテ)の

嫁いびりの話が書かれてありましたわww

プシュケーとは、この本では「魂」を意味していると書かれているが、

私は「吐息」を意味していると聞いているので、

そちらを引用したい。

というか、私はずっと、

プシュケーはアモールと愛し合ったと聞いていたので、

クピドの妻であったという話と微妙に違うので、

なぜプシュケーがクピドからアモールに乗り換えたのか

そこが知りたいですね。



それともう一つ。

ブロンズィーノの『愛の寓意』の象徴性が、

能の『三山』のテーマと似ている気がしたんですね。

『愛の寓意』は、私の解釈では簡単に言うと、

女は若いうちが花。Times go by.そしてその女の歴史は繰り返される。

『三山』のテーマもそう。

どこの国も変わらないな、と思いました。



それから、ルーベンスの『豊穣』。

この絵にはコルヌコピアという豊穣の角(つの)が描かれておりまして、

ケレスという豊穣の女神が中央に立っているのですね。

その絵には、角の穴からたくさんの果物が零れ落ちているのですね。

私は、ん?と思いました。

古事記にも出てくる話やん!と。

ただ、古事記は、本来伝わっていた話が、明文化される際に

かなり意図的に変えられてしまったという話もあるので一概には言えませんが、

肉体のあらゆる穴と言う穴から、食物を出す女性の神様がいて、

それを「汚らしい!」と言ってその神様を、男性の神様が殺してしまうという話が

古事記には残っているのですね。

その話とコルヌコピアは、似ている気がしたんですよね。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。