スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケルト民族の話

河合隼雄さんの

『ケルト巡り』

読みまんた♪

おもぴろかた\(^o^)/

思ったことをつらつら書いていきまふ。

・「物語を共有した人たちがひとつの部族を作ろう、ということになり、様々な形態の集団ができた」とのことだが、これは物語を中心として、つまりセカイの理解の方法を他者と共有して、学閥や共同社会を作る事と似ている。だったら学問の串刺しをしてものを書く物書きは、包括閉鎖社会ではなく、スナフキンのような脱包括的な生きざまを象徴しているのではないか。

・「英雄は魔女を倒さねばならず、また魔女もあらゆる魔法を使って英雄を倒そうとする」アイルランドの物語。何を暗示しているのだろう。倒す、という魔女の行為は、英雄に対する不器用な愛の方法だったりして。滅亡や破壊としてしか愛し方を知らない、とか。シバ神?

・ホイジンハー、カイヨワ、河合の話をつきつめると、儀式、仕事、遊びというのは全て繋がると。私の遊びは何だったかしらと思い出すと、男狩りである。倫理性や合法性という男性社会から見れば境界線に触れそうな遊びであるが、文化人類学や民族学からの観点でいくと、太古と変わらない遊びをしていることに気付き、妙に納得。

・「現代の日本社会は男性の理論と女性の理論が矛盾している」との事だが、戦うほどの事でもないかと。さっきの話の続きで言えば、魔女は英雄と戦う事を辞め、英雄(社会上層部、男性社会)の施した科学セカイを学ぶことによって魔女は英雄に媚びることを可能にし、自身の社会的地位をあげる!ってこれ私の事かww

・「説明不可能とは言い換えれば自然ということになる」
自然=何も決まっていない
不自然=何かが決まった
=法則???
不自然は美しいかぉ?
不自然に美的意識は感じるかぉ?
人間は決まる事や分けることに快感を感じるが、じゃあ自然が不自然になることが人間の快感の一つってことかぉ?
スポンサーサイト

存在維持の不労所得(羨ましい)

クリスマスをリアルに充実で過ごす読者の皆様こんにちは。

さて、今日は久しぶりに心理学の話でもしましょうか。

クリスマスでいい恋愛ができる恋愛心理学ぅぅぅぅ

とかそんなんやりませんからww

先週、ある教授に「私が自殺したい理由」というお題のレポートをパワポで完成させてデータを送信したら、

「面白い仮説だと思います。是非完成させて、どこかに発表されるといいかと思います(それなりに叩かれるでしょうけど)」というコメントをいただきました。

自殺告知文を編集して発表とかネタかてww



さて。

みなさま、生涯不労所得で過ごしたいと思いませんか?

私は思います。

トテーモww

まぁ社会に感謝できるようになれば考え方も変わってくるとは考えられますが。

経済学での不労所得っつーんは

全体の意味での不労所得の意味の

ほんの一部なんざーないかと私は思ったのです。

みなさま心理学用語の「バーナム効果」という言葉はご存知ですか?

誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分だけに当てはまる正確なものだと捉えてしまう心理学の現象を指すのですが、

まぁあれですよね、

身近な例として、

ニコニコ動画の生放送で動画に出演なさっているモノ書きさんや評論家さんが述べたことを

視聴者はツイッターを通して「あー言うことわかる」とか「確かに当たってる・・・」などを書き込み

出演者の煽動に呑み込まれている視聴者が挙げられますよね。

私は断固として社会を信用できない立場にいるので、

彼等視聴者一般の言動が理解できません。

上層部の言動に左右されるぽまい等のプライドってなんなんだよ。。。みたいな笑



なんでバーナム効果現象があらわれるのかについて、私は(講義中にw)考えてみました。

・人は、自分が何者であるかを言語化して安心したい願望があり、外からトップダウン的にカテゴライズされると安心する。

・主体性をあまり望ましくないと考える日本においては特に。

・カテゴライズされることで、その言語に帰属することができ、それをアイデンティティとして名乗り、自分の存在が消えてしまうことを回避している。

まぁそんな感じで。

だけど、私はバーナム効果は逆に自分の存在が消えてしまいそうな恐怖に陥るのでそれで安心は得られません。

では、バーナム効果では安心できない欲張りな私は何に安心を求めるのかといえば、

自分が社会や世の中から何を感じ取りそれをどう内省しどう言語化できるか、

それを続けることで自分が消えることを回避し、自分が生み出した言葉で安心している。

結局言語をトップダウンかボトムアップかどちらに求めるかの違いだけで、

ボトムアップは大変だからトップダウンで満足している一種の労力最小限の適応の形なんだと思うのですよ。

だからバーナム効果は存在維持のための認知心理学的最小限労力所得(そんな言葉無いけどさー)なんざーないかと私は思うのです。

でも、私はそんな不労所得だったらいらねーなー、って思う。

今まで散々がんばって自分の存在という所得を努力して得てきたのに

今更手放したくないわー

実存保持は自転車操業がいいわー

まぁそんな感じで

クラウド恋愛だと津田大介さんに見透かされてしまった私はおうちに帰ります。

ガレとドーム 〜四季の花〜

いつものアレです。

美術館とか行ったら一人で黙々とメモをせるアレ、

汚い字なので活字にするだけです。

んであとで印刷してファイリングするだけですw

・北澤美術館30周年

・SUWAガラスの里

・ナンシー→園芸都市

・ロレーヌ→アザミ

・この企画展は春夏秋冬で作品が分けられていたのだが、ドームもガレも全体的に夏の色のイメージが、日本人と違うようだ。渋い黄や茶ばかり。ヨーロッパの夏の色がこうだとしたら、私は日本の夏が一番好きかもしれないと思った。

・花器ってさ、生け花の脇役だと思ってたんだけど、、、永遠に生きる(あるいは既に死んだ)ガラスに埋め込まれた瞬間の花の美と、いずれ死ぬ、有限の生身の花の美の対比がもしかしたら表現されているのかもしれないと思った。

・ガレは、作品に自分の思いを込めたり何かを象徴させたりする。ガレはガラスの詩人だと思った。

・ベルレーヌの詩『あなたは私のメランコリーに気づいてくれたのですね』
→私も言ってみてーww
→言う日なんて来るのかよーorz

・ドームの作品は結構好きなのだが、全体的に作品の表は日本の錦絵、裏はフランスの印象派みたいだと思った。

・ドームは、具体的にものを描く作品もあるが、ものそのままではなく抽象的にデザイン性を兼ねた作品も多い。今までヨーロッパではそのような描き方は無かったのではないか。

・鮮やかで明るいドームに比べ、ガレは渋々系ワビサビ系だと思った。ドームは、多分色彩心理を巧みに操り、ガレは作品に物語性を加えたことで、枯山水とか、能みたいな表現をしたかったんじゃないか。

〈個人的に好きな作品シリーズ〉
・ドーム「スノードロップ」
・ガレ「アネモネ文花器」
・ドーム「ゆきわり草文花器」
・ドーム「茜雲」
→ガラスに遠近法使ってるんじゃん?
・ドーム「菫(スミレ)シリーズ」
・ドーム「クロッカス形花器」
・ドーム「タンポポ形ランプ」
・ドーム「藤花文化器」→もはや色使いがまんま日本風。ビビッド×淡い色の組み合わせで全体的に明るい感じ
・ドーム「矢車菊文なんとか(字汚すぎて読めんw)花器」
・ガレ「おだまき文台付花器」
→見る角度によって花の形が、光の影響でくるんとかわるのが面白い。
・ガレ「蘭文花器『愛情(カトレア)』」
→生死の象徴だそうだ。
→表現の不安定さがゴッホっぽいと思った(まぁ時代も一緒だし)。ゴッホとガレは親交があったのだろうか。
・ガレ「蘭文白鳥台付花器」
→白鳥はガレではなく購入者が作ったらしいのだが、白鳥が水辺で泳いでいるように見える
・ガレ「百合文水差『暗い花』」
→詩人モンテスキウ(モンテスキューの事?)
→光と闇
・ドーム「ミント文瓶」
→ドームの色の選び方のセンスがヤバい。がつーんとツボる。好きすぎてやばい。
・ガレ「ひとよ茸文花器」
・ガレ「イヌサフラン文花器」
→私の頭の中でウヨウヨしている(たまにスケッチしてTwitterであげてるけど)モチーフと似ている
・ドーム「黒苺(くろいちご)文鉢」
→裏の色使いが繊細でキレイ。日本の紅葉みたい。
・ドーム「きのこ文花器」
→『こびとづかん』に出てくるキャラクターみたひw
・ドーム「風雨樹林文化器」
→枝の描き方とか北欧みたいだと思った
・ドーム「薊(アザミ)文林」
→青色が横からみたら斜めに見えるのは、なぜそうしたかったんだろう
・ガレ「風景文ランプ」→日本風。きのこの形の傘の部分、図と地が一致しない気がする

京都検定

今日は京都検定でした。

もう緊張しちゃってネカフェで全然眠れなくて

レッドブルで翼広げて(笑)

挑んできますたノシ

次に、平安神宮横の図書館に行きました。

花街関連の本はあまり岐阜の図書館に無いので

京都で探すっきゃないと。

んで、色々メモしました。

偶然知ったのですが

図書館の横にある「みやこめっせ」というところで

舞妓さんの舞が無料で見られる日みたいで

見てきました。

感想はまぁ、みなさまのご想像におまかせします。

そのあと、同志社の友人(A)とエミールガレの企画展に行ってきました。

京都に行くたびにその友人と遊んでる希ガスww

とりあえずエミールガレゎテンションあがりまくりでポストカード買いまくりました(笑)

そのあとカラオケ。

宮台真司関連の歌企画!!

ってことで。

Aは、宮台さんとよく共著で本を出している、小説家の速水由紀子にちなんで

★ミスチル「イノセントワールド」

私は、先日にこどーで宮台さんが出てらした企画にいちご白書の話が出てきたので

★「いちご白書をもう一度」

ネクストターイム、A、キリンビールのCM挿入歌

★長渕剛「乾杯」

私、「もうネタ尽きたんですけど!」

Wikipediaでググる二人。

長渕は歌ったし、矢沢永吉もCoccoもわかんないし、、、

ネクスト企画。

洋楽オンリーとぅないつッ!!


いぇあ\(^o^)/

って感じですたノシ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。