スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むだーい

南条あーやー

こっこー

coccoね

うん。

授業で出てきた言葉なの。

宮台真司さ、メンヘラ嫌いとかニコ動で、高学歴のおにゃのこに諭してたのに

coccoとか好きなんね。

宮台さん一貫性ないね。

あたしはやぱ、

そういう高学歴共同体用の宮台さんの営業用語を聞くと、

やっぱあちら側の世界はあたしとは違うんやなって思う。

高学歴のおにゃのこは人間で

あたいらは単なる学者の被験者であって、

んでもってマーケティングでいうところのターゲットなん?

こちら側の好みそうなワード並べ立ててビジネスモデル回して印税ガッポリとか

学者って。。。

つかあたしゎ何条あやとかこっことか好きじゃないってかどーでもいー

興味がない。

とりあえずただのモーソー発言なんで

そっとしておいてくださいw
スポンサーサイト

社会的知能とマキャベリのESについて

ぬふーん♪

これ知ってますぅ?

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110720004&expand#title

鳥に食べられても生き延びるノミガイ。

鳥のうんちっちと一緒にピョコっとでてくるらしい。

鳥を日本の教育にたとえると、

教育システムから卒業しても

バイアスの無い人間が保持できている人間って

なんかイケメソな人生だと思いません?

構造に取り入れられるのではなく、メタ認知しちゃいましょうノシ



で、今、ついったーで超憧れの学者さんと意見交換をさせていただいていて、

私は基本的に他者を攻撃することでしかコミュニケーションが取れないような、

なんともアンビバレントな性格なんですが、

なんかもう嬉しすぎて

今授業中なんですけど

ニヤニヤニヤニヤしながら

脳みそ爆発させながら

手を震わせながら

ブログ打ってます。

つかなんか自分まじで敵作るのウメェwwって思います。

メシマズです泣

たぶん嫌われましたね。

なんで上手にコミュニケーションとれんかなー自分。。。

ルサンチマン的な姿勢で

社会上層部につっかかるような構図を

いつも他者と交わしてしまう。

孤独っすなーww



はい、話は戻しまして。

マキャベリと遺伝学の関連の話ぃ♪

まず、マキャベリってどういう人かっていうと、

就職活動中のエントリーシートが有名になったっていう人なんですね。

あたし依然、某東京の企業の会社説明会に行って

帰りにエントリーシートを書いたのですが、

人事の似顔絵を

チョーーーー丁寧に書いたことがあります。

その後、例のあの事件で携帯電話が奪われたので

あのESで一次面接までたどり着けたのか否かは

迷宮入りですねw

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0

えっと、社会的知能の話でマキャベリさんの考えが出てくるので、

社会的知能を中心にブログを書いていきますね。

★新しいニッチ(生態学的地位)★

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%81

の例として、

1、昼行性
2、把握のできる手足
3、両眼視

があるそうですが、

私は把握のできる手足が一番知能を向上させた理由だったのではと思うのです。

自己をメタ認識するってことなので。

読者のみなさまは、

ニッチとしてほかに何が思いつきますか?

★低順位追従固体★

ニホンザル研究セミナーのHPのURL
http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/meetings/2011/sarusemi2011/abstracts.html

私もここはもっと勉強しなきゃなぁと思っているのですが、

メスがオスに接近を示すことで順位をあげる

ってことらしいんですわ。

これってさ、

取り替え可能な人間関係そのものだと思うんだわさ。

巷のヘタレ草食男が永遠の愛を渇望する社会の流れがあるって話なんですが

http://www.nicovideo.jp/watch/sm13120797

生物の本能と倫理と幸福論の両立って

難しいものですね。

(あたしすごいサラっと言ってる気がするww)

★ダンバーの言語期限論★

http://literaryspace.blog101.fc2.com/blog-entry-103.html

私は、この考え方は、メディア論にも通ずるところがあるのではと思います。

メディアが発達すればするほど、集団サイズの考え方は変わりますね。

島宇宙化というか。

どこの共同体の集団の凝集性に時間をかけるのかについては

単なる「自分が住んでる土地」という意味だけではなくなりますし。

たとえば、ニートなんかは、

最果ての地に住んでいようが、2ちゃんねるというパラダイスソサイエティを

自分の共同体だと示すことができますし、

その集団の凝集性に時間をかけることも能動的にやりますし。

ただ、まぁ、

転勤族の子どもや監禁された子どもが、

プラトン的アトランティスを夢見て自分の生活している共同体の中で

集団の凝縮性を高めるために時間を割かない選択をした場合、

今度どのようにして自分の確立する共同体を選択し、自己を認知するのかが気になるところです。

★正義について★

ゲーム理論ってあるじゃないですか。

他者の考えをどこまで推測し、

信頼できるか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E7%90%86%E8%AB%96

正義はしっぺ返しから出発したとのことですが、

ソーシャルデザインを考案したエリートに対する反逆という意味では、

ただのルサンチマンなだけとも捉えられる。

本当の敵は誰なのか、そこを見極めることが、大事なのかなぁと。

でも、この複雑化した社会で、

誰が敵で誰がナカーマかなんて、正直言ってわからん。



なんかあの、自己嫌悪で調子狂いました。。。苦笑

なんで私は自分は社会の悪影響を及ぼす存在でしかないのだろーーーーー

ごめんなさい。

と、思いました。

終わります。

自殺論をスピノザを介して考える

最近相沢ちゃん、ちょっとしょぼんになってまん。

台風が来てて天気が悪いのもありますが、

取替え不可能な人間関係と幸福論の相関について

もそもそと考える。

もそもそもそもそもそもそもそもそもそもw

自明性と自己効力感と社会的承認を求めて躍起になる私は、

終わりなき日常の生み出した道化師でしょうか。

ただの不器用なんでしょうね。

http://www.youtube.com/watch?v=rxeg_Y7Ya8U&feature=related

↑いいよ、コレ。

話、変わりますが、

今日は最後の生理心理学の授業でした。

台風の中、きてよかった!

面白かった。

進化系統樹ってあるじゃん。

http://www1.plala.or.jp/yossie/ikimono/route/sinka.htm

感情があるのは、爬虫類以上っていう研究結果があるらしい。

そこから考えられるのは、感情や意思決定はすべて

身体から考えられる話らしい。

生物は陸にあがれば、身体を守るために感情が必要だったってこと。

そこで私は考えたのは、資金や領土や権力という、身体の概念を拡大したものも、理性で動いてると思いきや、感情で動いてるって話につながるよね。

http://www.ringolab.com/note/daiya/2009/03/post-955.html

行動経済学からみる脳のトラップ。

で、先生の好きなスピノザのお話になるんだけど

「精神の意思と、身体における衝動や影響された身体状態とは、同時であり、むしろ同一のものである」

っていう言葉にピッタリあてはまるらしいのよね。

つまり、

精神の意思=身体の状態

そこで私は思うんだけど、

自殺念慮ってなんだよ、って思う。

私はハハーンww中学生時代超自傷行為大好人間だったのです。。。

以前、議員インターンをしていたときにレポートの課題が出されたのですが、

私はフーコーの考え方と私の考えを比較したテーマのものを書いて提出したことを思い出しました。

日本の教育システムによって死にたくてたまらない子供の多いこと。

カッコイイ生き方をしている若者がいる中で

かっこ悪くて、学者の研究対象ともならないような悲惨な状態で、死にたくてたまんない若者もいる。

この日本の教育システムの中で何かを内在させられる子供は

死にたがっている

うまく内在できない子供は自尊心を剥奪される

死にたがっていてもなお

教育システムはこんなに合理的でいいのでしょうか


話はかわります。

先生は最後にマイケルサンデルの話をしました。

私はもうあの本は読んでいるので、

寝てましたww

でも、先生の話が面白いんです。

1、功利主義(ベンサム)

2、義務論(カント)

3、感情(生理心理学の立場)

私は、1かな。

功利主義を説く学生がマイケルさんにブッ叩かれているシーンを見たことがあるから私も論破されそうだけど、

資本主義でみた場合は、完全に功利主義で見たほうがいいと私は思う。

だけど、政策の部分でスケールメリットばかりを考えるのはどうかと思う。

だって!私限界集落出身ですし

イナカの生活文化と国の政策は相反するところが大きいですし

んー難しいですね。

話は戻しまして、

経済学部の学生は1が多くて、

法学部の学生は2が多いみたい。


法学部の学生って、正義があると信じている、そして、司法関係者は理性で物事を判断して、

感情を持ち込むべきではない、って考えるらしいんだそう。

経済学部の学生って、正義とは相対的なもの、と考える節があるそう。

マイケルサンデルは感情を否定しているんだけど、

脳科学では道徳はノータッチなんだそう。

マイケルサンデルはよくわかんないけど

脳科学の勉強をする方が個人的には楽しい。

ここは完全に私の趣味範囲なんだけど、

私は小さいころからずっと、正しいものは何かって考えてて、

モーレツに強迫神経症並みに正しさを求めていたのね(笑)

んで心理学は科学の立場を取っていて

科学的研究法で物事を判断しているときが

個人趣味範囲として

私は勉強していて楽しいし

正しいって感情的に思える。

すでに学問に感情入れちゃってますが

趣味だから気にしないでww

趣味範囲で大学の単位は取れますから。

科学がすべてじゃないらしいしね。

あ、そうそう、先生に、医学部の学生はどうなんですか、

ってきいたら、

何科を目指している学生かによっても変わってくるそうです。

外科医だったら1、

精神科医だったら2、

が多いんだそうです。

私は心理学を専攻しているので医学部の学生ともお話をしたりしなかったり

しなかったりしてみたいと思ったりなんですが(失笑)、

もう少し色々お勉強して、

そういう人と情報交換ができたら、と勝手に思ってます。

で、

どうも社会に中心はないみたいです。

他者を卑下して自分の自尊心を確立している人を

たあああああくさん見てきました。

そんなにみてきたってことは

自分もかつてそうだったってことなんですけどね。

でも今は、思わん。

どんな生き方にも、

その人なりの歴史があって、

価値観がある。

私にもある。

で、何が言いたいかっていうと、

社会に中心はない。

くもの巣に中心がないように

社会に中心はない。

就職活動をしていたときに

資本主義社会を介して世の中を見ていたけれど

一概にそうとは言えないってわかったとき

なんかぐおおおおおおおおおおっと脳内パラダイムが万華鏡みたいになったww

なんだこの比喩はww

妹キャラのアスカラングレーから。

加持リョウジヲタクです。

平成生まれです。

アスカラングレーの代弁者になれるのは私だけです。

なんか頭がおかしくなってきたww

ネカフェでテスト勉強中です。

こんな頭で朝までもつかなー汗

とりまオニオンスープ、9杯目。

まじうま。

私と心理学の間にはいつも知的好奇心と懐疑の拮抗があるんです。

心理学がいかがわしく思って、休学して逃げたこともあります。

そして今日も。

加持リョウジと白洲次郎と宮台真司を足して3で割ったような人が

もし私の前に現れたとして。

私はその人の痛みとともに歩んでいける人間でいられるでしょうか。

そういう人がもしいたと仮定して、

私がカウンセリング理論とか、カウンセリング技術とか、例えば系統的脱感作法とか持ち出しても、

そんなん塵になって何の効力も示さないと思うんよ。

傷を癒してあげるよなんて、

そんな傲慢なこと、言えない。

ましてやその気持ちわかるよ、なんて言えるわけない。

ただ大学院行って、臨床心理士になって

どれだけ人の痛みに添えられるか。

基本的に添えられないんじゃないかなって思う。



社会構造の知識スキーマをどれだけ深められるか



ここが、私の一番たりないところ。

私は、ずっと知らないままに生きてきた。

触れることなく生きてきた。

加持リョウジさんがスイカを育てて何を思うのか

私はわかってあげられないけれど

苦しみを一人で抱えないでほしい。

葛城ミサトさんがいるから偉そうに言えないし

答えなんかないけれど

っていうか言葉にできないけれど

よくわかんないけど祈ってます。

妹キャラのアスカラングレーからのメッセージです。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。