スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心が法に触れるとき

なんかカッコいいタイトルつけてみましたよww

ホントゎ

「目に見えない心が、目に見えない法という枠組みに触れるとき」

という長々としたタイトルをつけたかったのですがそうもいかず(笑)

いや、まじで

どっちも目に見えないということは同じなのに

こうもわかりあえないのかと(笑)

心理学の先生は

授業でほぼ毎回

わかりあえないなぁ



愚痴をこぼします(笑)

わかりあえないことを宮台真司は

切ない

という言葉を使いますが

心理学者と法律を作るまたは携わる人(検察、警察、政治家、弁護士)はこうもわかりあえないのかと

クソせつねぇ!!!!!!!!!!!!!

今日は、とある犯罪心理学に関するレポートを書くんですが

別に宿題でも何でもないんですが、

ちょっと真面目にレポートを書きたいので

図書館で本を探したり

サイニィで論文を探したりしたんですが

なかったので

教授の研究室に赴き、本をお借りしました。

それが、法廷での言葉のやりとりが延々と綴られている

法廷ライブの本なんですわ。

今週は心理検査のレポートと犯罪心理学のレポートと株を始める事と

なんかお腹がすいてきました。

バナナが食べたい。
スポンサーサイト

AKBネタ集めてみました。

おはよございまん。

うたた寝でひっさしぶりに夢を見た以来、

結構連続して夢を見る。

あ、そうそう、7月中に株をはじめる宣言をした私ですが、

昨日株入門の本を読んでいたんですね。

だいたいがFP検定とかぶっていたり、

すでに独学済みの内容だったりするので、

株をはじめるのもそう遠くないと思われます。

あとは、もっと業界地図や四季報を読み込む。



さて。

今日もニュースです。

“AKB48公式ライバル”乃木坂46結成 一般公募でメンバー決定
オリコン 6月29日(水)5時0分配信
 人気アイドルグループ・AKB48の総合プロデューサー・秋元康氏公認の新グループ・乃木坂46(ノギザカフォーティーシックス)が結成されることが28日、わかった。同グループは、SKE48やNMB48、SDN48など、姉妹グループとは異なる“AKB48公式ライバル”としてアイドル活動を行い、メンバーは7月20日より開催されるオーディションによって決定する。

これはあれだ、秋元康は、今後、メンバーをAV業界に入れるときの仲介料を期待しているのだろう。

私の予想でしかないけれど。



ま、あれだ、ノースリーブス、ダブルみなみかわいい。

ノースリーブス?

なんか昔くさい。。。ww

こういう学部にこういう学生いるよね~

こういう学部にこういう学生いるよねーって話をしましょうか。
文系のみですが。
ちょっと2ちゃんとかニコ動なみにヲタクなツッコミですがご了承を。


総合政策:自分たちの立ち居地は前衛的だと思っている、他学部の学生は視野が狭いと思っている、自分さがしの旅が好き(総合政策の社会的地位が落ち着いていないから)、無駄にアツイ学生だとかつきぬけ学生だとかいう言葉に敏感に反応する

社会学:「ポスト~」が口癖(そんなにポストが好きなら郵便局とケコーンしたらいいもに)、どこかから引用したコピペの批判を持ち出してきてニヒルごっこやってるナルシスト

哲学:こういうことを考えている、あるいは人生とは何かについてムツカシイ悩みを抱えていて、更に答えの出ないこの世の中に期待していない自分に酔ってる

教育:子供やモンスターペアレントや教育というものの概念を自分の型(ラベル)に固定してしまっている、使命感に燃えている、自分の信念という尺度は絶対的に正しいと信じている

美術、音楽:政治、経済に触れることはダサイと思っている、社会に没落しないし埋没しない自分に美学を感じている(それをある観点からは社会の末端スレスレに見えることもある状況に気づかない)、サラリーマンはダサイと思っている

心理学:ヤンデレ、腐女子、メンヘラ、心理学に救われたい迷える仔羊、変人な自分に酔ってる、過去を語りたがる、「やっぱ心理学を学んでるだけあるわ」って言われると地味に喜ぶ

経済学:世の中を俯瞰的に見る、つまり世の中をメタに捉える操縦士になることが夢(実は私、こういう人間と対等に話が出来る人間になりたいと思っている)

国際関係:誰よりも自国の良さを知らなきゃいけないことを知っている自分が好き、地理的にどの学部よりも広い世界を見ている自分に優越感

文系全般:自分の学ぶ学部に疑問を抱える部分はあるが言わない、理系コンプレックス、なんだかんだ言って自分の学んでいる学部が一番だと思っている

宮台さんは女にモテるので。。。

最近の総括。

最近ねー、

まともに学生やってますww

資産運用の雑誌読んで、

心理検査のレポート書いて、

時事に対しての自分の考えをブログに書いて、

休日はジャズ喫茶で読書して、

4年生になってやっと落ち着いて大学生っぽくなってる。

今までは散々全国各地で遊び回ってたけど。

なんか、学生って、いろんな歩み方があるんだなって改めて実感。

で、最近の思ったことなんですが、

脳科学の話ねww

ヒトが自分の掌の指を見て自分の身体をメタ認知して、

世界を10進数により分解していった事と

余剰大脳皮質は関係がありそう!って思ったのさ。

カオスな世界を分けていくのは、

自分の身体を、今までとは違う視点で

(つまり今までは手の甲しか見なかったのだが、二足歩行に移ると同時に掌を見るということ)

見ることが始まりなのかもしれない。


そんでもって、

昨日読んだ論文のまとめ。

・山岸明子「発達心理学から見た海辺のカフカ」

・千野美和子「日本昔話にみる精神性」

・斎藤博の「ラファエロのアテネの学堂について」

・林道義の「GCユングと東洋思想」

→キルケゴールの「実存の美学」の記述に爆笑ww 相沢語録を使えば単に、完璧な理想像に辿り着くために抑圧された、完璧になれない部分の自分が乖離した現象なんぢゃあなかろうか。

・吉田照子の「物語絵本の心」

今日もまた大量の論文を印刷しました。

睡眠不足が続いて、ガリレオの言っていたことがよくわかる。つまり、世界がぐるぐる回っているww




あとね、ちょっとした発見。

私は、学者の本を買うという消費者でしかないことが悲しかったの。

生産者と消費者、という関係の域を出ることは無い。

でもこの制度って、すごい面白い発明だってことに昨晩気づいた。

カウンセラーに転移しちゃうクライアントってものすごく多い。

でも、カウンセラーとクライアントの間に資本が介されてあれば、

クライアントがカンチガイすることは防げる。

すごい発明だと思った。

でもさ、なんつーか、

人間の心を研究対象とする学問(心理学のみならず)の実験は

検査者がイケメンだったら、

被験者が一番苦しむのではなかろーか。

その検査者から得られるディブリーフィングはどこまで期待できるでしょーか。

だからミヤダイはもっとブスになったほうがいい。←相沢はかなりカンチガイ女です。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。