スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりみかんせい

メンヘラじゃなきゃ私が私でいられなかった

私からメンヘラを取ったら何もかもが空っぽになってしまうと思ってた

私が消えてしまわないように

自分を痛め続けてきた

その手を止めたら

私が粉々になってしまうから

そんな私の前に、あなたが現れた

あなたを知りたくて

あなたと話したくて

あなたに「君と話をしていて楽しい」と言ってほしくて

たくさん、いろんなものを見るようになった

私は空っぽじゃなくなった



あなたに会えて嬉しいと思った


でも

あなたの空っぽな部分を埋める人は

私じゃなかったね
スポンサーサイト

かくれんぼ

私たちは

「おばかさんを正当に評価するこの社会」

で、難なく正当に評価された。

そんな落ちこぼれの私たちは

よくわからないセカイに対抗しようとして

大人たちにはわからないだろう神を

秘密基地に祀った

惑う大人たちを後目に

私たちは洞穴の中の秘密基地で神と共に青春を過ごした

私たちの年齢は「大人」の年齢になった

私は友達を見失ってしまった

そんなとき、社会の中心部に棲む人間が

かつて私たちが崇拝した神の名前を知っていて

そして神を小さな言葉で意味付けをして

お日さまのあたる地上にひょいと置いたのだ

私たちは、自分たちが大人になったら

必ずや秘密の帝国を作り上げると信じていたのに

秘密基地にかくれんぼしていた私は

よくわからない社会を作っている人に

見つかってしまったのだ

そこにあるのは

どうしてだろう

何度も何度も

目に見える形で

私とあなたが出会った証を遺しているのに

あなたに会いたいと思うだけで

何もかもが砂となって消え去っていくの


そこにあるのは

ただただ流れていく時間だけ


大切な関係は

遺すためにあるんじゃない

あなたともう一度会いたいと思う

私はあなたと上手に写真の中で心中出来なかったの

ピントも合ってないし

写真の裏には素直になれなくて落書きしちゃうし

顔も小さくてよく見えないし


だから止まらない時間の上で

もう一度会いたいと思うのよ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。