スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言語と無謀な仮説

文化は言語に影響を与えると言われている。

身近な話で言えば、エスキモーの使う「雪」という単語には、多数の細かい分類があるが、アフリカ地域にはそのような細かな分類が無い、のように。

また、日本語では一人称の単語が豊富であり、英語の一人称は「I」のみである。あんなに「自分とは何か」を問い続けるのが好きな地域で、なぜ1種類しか生みだされなかったのかが非常に関心があるが、今回のテーマとはずれてしまうので割愛する。

それから、以下から述べる所説は都市伝説でしかないが、日本語は自尊心を保つには適さない言語ゆえ、自殺願望者がフランス語を話せば自殺願望が軽減するだとか、バイリンガルの人がA語を話す場合とB語を話す場合では考え方や脳の使い方まで変わるという説まである。

私は、大学卒業間際に言語学に関心を持ち始めてしまい、そして学生時代に一度も言語学徒と議論を交わしていない事に気付いた。しまった!の一言である。

今回、言語学に関する話を書きたかったが言語学に関する知識がほぼ皆無なので、法律を「言語」と見做すという無謀な持論を展開したい。専門家からものすごい批判が来そうな持論であることは承知である。

私は、法律というルール規定を司る言語は、その土地によって特徴が出ると考えている。例えば、慣習であれば儒教文化は日本の刑法200条に大きく影響を与えたり、歴史であればフランス革命が現在のフランスの法哲学に大きく影響を与えたりするように。

外交問題と言語に関係があるとも考えられる。A国とB国の結んだ協定の認識または解釈を、A国の言語とB国のそれで若干違ってしまうと。

日本語は日本国憲法や法律に影響を与えているのではないか、と私は推測している。

今後、日本の歴史や文化がどの様に日本の法律に影響を与え、それによってどのように特徴付けてきたか、そしてその例が今後どのように世界に影響を与えるかを学んでいきたい。
スポンサーサイト

数学のセンスとカール・ポパーの話

さて。「認知科学はポパーに反するのではないか」についての話。

認知科学も自然科学的方法論を用いているので、
理論を構築していくときにその理論を検証する仮説を立て、
データを収集し、仮説を肯定する事例を積み上げて行く。

しかし反証主義では、否定的な事例を用いる。
理論から導かれる仮説が、否定されるデータを集めて(反証する)、
そこから最初の仮説にとってかわる新たな理論を構築するという方法。

こういう話をされると、私は必ず!必ず!

脳裏でパッションピンクのフラミンゴが大量にずっと踊りまくっているんですよねww

たぶんこれは一生消えないクセなんだと思われるwwww

で、話を戻すと、私のおつむではわかりません!

だって、ポパーの立証の方法って特殊じゃん。

まず王道の方法から研究するじゃん?

ってことで。

で、そのポパーの立証の話って面白いなーって思うんですよ。

例えば、私が理系の学生と「数字」についての話をすると、

必ず話が合わないんですww

フツーに遊んでるときは気があうし、めっちゃ面白いんだけど、

数字の話をすると必ず話があわない。

なんでかというと、私は、そもそも「数字がなぜ出来たのか」という、

文化人類学的な話がしたいことに対して、

理系の学生は、「数字から何が出来るか、どんな可能性が拡げられるか」という、

モロに理系の話がしたいわけですよね。

でねー、

まぁ私が数学が出来ない理由は、作業記憶とか短期記憶とかそういうところからある程度は説明できるんだけど

結局「わからない」に帰結されるんだよね。

10進数は、まぁある程度「使える」んだけど、

テストの答えを導き出せても「分からない」という感情がいつもつきまとう。

例えば、

「数字が使えるようになるには理解することが前提として必要である」というお決まり事があるとするじゃん。

でも世の中に、

数式が「解ける(使えている)」と「わかる」がセットになっている白いフラミンゴが大半だと思うんだけど、

解けるけどわかってない、つまり「解ける」けど「わかる」がセットになっていない

パッションピンクのフラミンゴがいたらさ、

じゃあ前提となる、「10進数」を理解するその脳ってどんな仕組みなんだよ、

っていう話にも突き詰められるじゃん。

それから、「科学や統計は数字に対するセンスが前提として必要」っていうお決まり事があるとして、

科学や統計のゼミは楽しくてしょうがないけど、数字に対するセンスは皆無の私って、

じゃあそもそもゼミが楽しいというのも、科学の本や統計の本を読んでるというのも

本当は「正しい理解」なんかしてないってことなんじゃん??????????

って思うんだよね。

数字に対して「わかる」という感情がついてこないということは、

私は始めから何もわかってないんじゃないのか、

という、

なんか

この世の真理からの距離感に

すごく孤独になることもあるんですよねw

あーなんか話がそれた。

とりま、私は基礎と言うか、前提に対して「わからない」という感情を覚えてしまうパッションピンクのフラミンゴのため、

「科学や統計は数字に対するセンスが前提として必要」という仮説は反証されるんじゃーん?


認知的不協和

さて。あなたは、認知的不協和という言葉をしっていますか?

うぃきより。
認知的不協和は、人が自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態、またそのときに覚える不快感を表す社会心理学用語。

今日は、私の個人的な葛藤のお話をしていきましょう。

先日私は、臨床投影法という臨床系の講義中にSCTという心理テストを行い自己分析を行ったのです。

自分は割りと社会にコミットしようと能動的な人間であると認識していたけれど、

分析結果によれば、学習心理学的に言えば、学習性無力が発生してしまったと考えられる結果となったのです。

どんなに努力しても「生きている感覚」という報酬は得られない、ということを学習してしまっている。

不協和を認知変容で正当化する自転車操業の努力にも疲弊してしまっている。

不協和を回避することができないほどに乖離しすぎているところまで来てしまったのです。

絶望ですね。

生きている感覚の無い、終わらない現実的日常と、どうにか実りのある人生にしたいという理想的日常の乖離は、

それはつまり理想的全能感を諦められないピーターパンシンドロームに他ならないのですが、

何か、大きな問題を見ないようにしてきたものそれが積み重なりすぎたための結果なのではなかろうかと考えています。

それは、小学生の頃から頓着しなかった対人関係だということは簡単に創造がつきますが、

対人関係は社会的協同行動や愛着行動に関連があると私は考えています。

私は、生きている感覚はきっと別の組織にあるという希望にすがりつき、現在いる、「本来はいるはずでなかった組織」

に順応するための毛繕い行動(たとえばたわいもない会話など)に時間など割かない、愛着もわかない、という傲慢な態度で生きてきてしまいました。

自分の物理的所属組織が自分の納得する組織であれば、社会的協同行動も起こる。対人関係に時間を割こうとも思える。愛着もわく。

しかし私は傲慢にもその所属意識と愛着観念と協同行動の不一致は小学生の頃からあり、

不覚にも、その不一致が最後まで埋められずにいたわけです。

努力してつもりが何の成果にもなっていないですよね。

お前ホントに努力したんかよって。

哲学的な話になるかもしれないけれど、自我の敷衍先に組織があると思う。

私は、自己愛はものすごく強いけれど自分は愛していない。

つまり自我の敷衍先である社会や共同体を愛せない。

言語学と哲学ぅぅぅぅ!

先日、自分が自殺をしたい理由について数式を用いて延々とツイートしていたところに、
ある人から「それは言語学を勉強すればいかにこのツイートが無意味であるかに気づくよ」
という返信をいただき、それで少し言語学に興味を持ち始めていたところで
今日対人行動論の講義で言語学をやっていたので、
ちょっと面白かったのでブログに書いてみようと思いまする。

まず、数式も言語に含まれるならば、ユングの言葉を用いて、
数式は唯一元型としての構造をもつ言語なのではないか。
→数式は脳のどこで認知され、理解しているのかを生理心理学や脳科学でもう少し調べてみたい。
言語学の言葉を使うと、唯一完璧な「ラング」では。

ラングとパロールの対比に関して
心理学用語に言い換えると前者が量的研究、後者が質的研究か
パロールに関しては、臨床心理学での投影法にも関わってくる話かもしれない。
→認知言語学は、言語をどう認識するか、認知するか、という考え方の立場をとるのだとすれば
それで、一人ひとり、言葉の概念であったり、イメージが少しずつ違うと思う。
なので、あいまいな単語を用いて投影法を行い、
心理療法を実践していく方法も可能性として否定できないのかも???

デリダのパロールとエクリチュールの対比に関して
モーリス・ブランショのエクチュール論→「本質的に死に含む言語活動」
つまり、ことばとは、書かれたと同時に死んでしまうという話であれば、
人間は生きている限り永遠の存在になることはできず、常に不安定な宙ぶらりんであると。
その不安定さに絶えられない人が永遠の安定を渇望しているのか。私を含め。
早く結論を出したい、という欲求に似ているか。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。