スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレン・グールドと音響メディア

4日に、社会学を専攻する学生とごはん食べてきました。
はじめましてだし、ツイッターで私が声かけただけだし、どうしよう、話続くかなーって不安だったけれど、
フツーに話が進んでいって、安心しました★

私は、社会学という学問の枠組みがよくわからないでいた。
そこで、「社会学」ってそもそも何?と聞いてみた。すると、
「自明をまず疑うことが社会学のメソッド、発想ですよ」と返答してくれた。
さらっと言えてしまうところが、すごいと思った。

それから、先日会った、な、なななななんぱ師(笑)がこれまた社会学を院で研究しているらしく、社会学で神を研究するみたいなことを言っていたようないなかったようなそんな感じだったので、何かを信じるとはどういうことかきいてみることにした。

人は何かを信じている。私だったら、何か動けば自分の人生の価値がプラスアルファされる。よりよい人生の価値が付加される。
ほかにも、自己啓発とか、より稼ぐとか、等身大のラブソングを歌うことが一番の幸せであるとか、より空気を読み人間関係を観察分析して何者かになるとか、学歴や権威とか、勝ち組負け組とか、国際援助とか、エコな生活を勤しむとか、無欲に生きるとか、ホントに人それぞれだと思うんですよ。何かを信じて行動や努力するって。
でも、それって気付けてないこともあるんですよね。いくら自己分析が趣味ですみたいな人でも、認知したくないものはムシ、とかね。ホントに無意識、当たり前すぎることだから言語化したこともないとかね。
そういうものはどうやって意識化して、言語化するんだろう、その過程はどう説明されるんだろうってね。
これを考える前に、ではなぜその行動を実行したのか。私の場合、人に会いに行くとか。その理由を考えてみようと。

マックス・ウェーバーは、社会的動物の行為の動機を説いたらしい。なぜそのようにしたか。
エミール・デュルケムは、社会的事実を考えた。
あるいは、言っている主体に着目する。どの概念を利用して、誰が誰に何のために呼びかけたか。

また、音楽の話でも盛り上がった。私は、よくわかんないけど音楽社会学も権力も研究していたらしいアドルノを「脳内超イケメン男」ぐらいにしか認識していなかったけれど、
どうやらそうでもないらしい。
アドルノ・ベンヤミンは音響メディアを、「何かが失われてしまった」と否定した。
しかし、グレン・グールドは、音響メディアに可能性を見出した。

→相沢が考えるに、グレン・グールドの場合、可能性を見出したというか、彼が追究する「音」を抽出するには、音響メディアはちょうどよかっただけだったのかもしれん。

ラフマニノフのピアノコンチェルト第2番が面白い。
バックのオーケストラはゆったりとしたメロディ、つまり、大きな川を遠くから見る情景を表現している。
ピアノは激しいメロディ。大きな川を近くから見る情景。

さて。最後に、「合理性」について話を進めた。
私は社会学を全くと言っていいほど勉強していないので、TVとかで社会学者(タレント学者?)が何か社会問題をコメントすると「いや、そこは経済的に考えると合理的なんだから、企業は改善しようと思わないでしょ」と突っ込んでしまうので、社会学ってなんだろう、合理性ってなんだろう、というのは以前から引っかかっていた。なので、きいてみるいことにした。

ハーバーマスは、2種類の合理性を説いた。
1、システムの合理性
2、生活世界の合理性→理性的な対話。時間をかけてじっくり話し合って答えを求めようとする姿勢

現在、後者が縮小しつつある
「話す」という形はなくなっていないけれど、あり方はのっとられている。
形式的な会話だけになっていないか?
→生活世界の植民地化

スポンサーサイト

名字について

全然答えの見つからない相沢祐香でございます。

名字とイエ制度とコミュニティ形成と国家の政策の歴史が見えてこない。

まず、江戸時代の夜這い制度と子育てと財産相続の両立はどうなっていたんだろう。

夜這いばっかりしてたら、父親が認知してくれなかったら子育ては女性のみの仕事になりそうで大変じゃん?

それから、国内の名字、氏、姓、氏姓制度と、土地、法制度、血縁、相続、婚姻、集合体の歴史と関わりってどうだったんだろう。

今の日本は夫婦同姓だけど、明治9年には夫婦別氏制が出されていた。なんで2ちゃん系ウヨ豚ちゃまは夫婦別姓を叫ばないんだろう。

西欧の法制度をごっそりそのまま輸入する形で日本の法制度が制定されるならば、どの時代のどの国のそれを輸入したんだろう。

ロマ(ジプシー)や河原者や傀儡を始めとする、村落共同体、祭祀コミュニティから解放された無縁の人々が、現代日本ではノマドって事で称賛されてるの?

わからないことだらけですねぇ。

日本の伝統って何なのでしょうね。

私の意見をまとめてみました。

私の大好きなおにーさんとおねーさんがツイートで軽く炎上していてちょっと辛いので、

ブログで自分の意見を書こうと思いました。

私もまだ学生だから世の中何も知らなくて、何も言えないんだけど、

この前のブログ

http://uk1989.blog.fc2.com/blog-entry-830.html

にも書いたように、

こんな世の中で、子どもたんか作りたくないなぁ、育てる気せんわーって、

なんとなーく、思う。

で、おにーさん、おねーさん、と、おねーさんのお知り合いの三人のツイートを読ませていただいて、私の意見をまとめてみました。

また、シェアハウスに1ヶ月だけだけど住んでいたり、子どもを産みたくないと考えていたり、

シングルマザーの娘として育ったり、サバイバーとして生きてきた私として思うこととして。。。

1、シェアハウスに求めるものは、人それぞれ違う、ゆえに色んな形のシェアハウスはあってむしろ当然。

2、私も、本当は社会上層部に一番言いたかったんだけど、言えなくて湯浅誠さんにその怒りをぶつけてしまった、でも言わないより言った方がいい。

3、途中からシングルマザーとなった母親を見て、日本って「男が女に子どもを押し付けてひとり身になって楽しそうに人生やり直せることが案外容易な空気があるなぁ」って思ってた。

4、シングルマザーは目の前の仕事が忙しすぎるから、情報を得る機会が無い。

5、ってか学者さんの小難しい言葉とかウチの母親だったら「は?」の一言で終わると思う。

6、私の場合、シェアハウスに住んでいたときは、平等に扱ってもらえてすごく嬉しかったし、私も自己成長を目的にそこに住んだので、そこで介護ってなると、「ちょっと違うなぁ」って思ったと思う。

7、シングルマザーを遠回しに「コスト」だと言う社会では、やっぱ子どもは産みたくないなぁと思う笑

8、男性が家族に目を向ける時間が無いのは、日本が今財政破綻やばいしOSも壊れかけてるしジッサマバッサマが政府による若者に対する投資に対してボロクソ言うこととかに対して何とかして日本を再構成しなくちゃいけないから大変なんだろうな、と想像してるんだけど、それにしても「コストのかかる子どもは女に押しつける」だけの社会ってなんかなーって思う

9、『1)それが彼ら自身のコストなのに行政や周りが支払わされていると考えるとき、「厄介者」で「お荷物」ということになる。しかし、2)それは本来的に社会が負うべきコストであると考えれば、それは当然の権利として補填されるはず』将来を担う子どもをお荷物だと見做す社会が謎。

10、小さい子どもを殺した母親ばかりがニュースで取り上げられて、元夫は「残念」の一言。これおかしくね?また、子どもの障碍は母親の育て方のせい?これおかしくね?

11、ウチの大学の学者(今思いだしてもムッカつくんだけどww)フェミニズムを論じる学者のアタマがカチンコチンで、結構ミソジニーがハンパない。現時点で全然男性と女性はわかりあえてないと思う。

12、シングルマザーは「結婚生活にガマンできなくて離婚した身勝手な女」と見られがちだが、身勝手に離婚して独り身をエンジョイしてる男が糾弾されないのが謎。まぁ社会にヘルプださないし出す必要が無いから表に出る必要が無いワケよね。

13、『「妊娠適齢期」を認識してるなら、女性達がその時期に気分よく産めて、その後の人生に支障がないように社会のしくみを変えんとな。』大賛成。

14、この世の中に女性として不満タラッタラなんだけど、それ言いまくってたら婚期逃すかもやし(笑)、彼氏出来んかもしれんって思うと口をつぐんでしまうっていうジレンマ

15、サバイバーとして、同じ痛みを知っている人と知り合うと心強いからそういった意味ではそういう形のシェアハウスはあると嬉しいかもって思う

16、おにーさんもおねーさんも好きだから、だからこそ話し合ってくれたらって思う。おねーさんの意見は貴重だから、広まってくれたらって思う。っていうか全然謝る必要が無いです!!

17、シングルマザーは将来を担う子どもを育てているから、政府から費用を求めることを当たり前にするのは当然だと私は思う。ほんで、別の社会学者が小難しい言葉をこねくり回して「求める側にも言い方があるでしょう」と言う現実に謎。そこにも論壇形式のルールを求めて来ても困る。ほんで机上の専門用語で論破されても困る。

18、ちょっと待って?『どうしてそういうもったいをつけた言い方するんでしょう?「ツッコミどころ満載」な発言を引き出すのが楽しみなんですか。』って、おにーさんにもツッコミどころ満載なんですけどww

私の思うところはこんな感じです。

社会を変えることについて

はい。

Twitter内容とは全く別の話をしますw

んと、さっきニュースで

総務省のPCがウィルスが感染し、情報が流通した話が流れた。

んー。

私はルサンチマンの方だけど、

政府がめっちゃいっぱい頑張ってることは知ってるし、

マジョリティが政府の政策により幸せになってることぐらい知ってる。

こんな私だって政府に感謝してる事はたくさんある。

もし意図的に誰かがウィルスを流したとしたら

それはよくないんじゃないかなぁと思うのだよ。

政府の政策は平等じゃない。

政府から得られるはずの幸福に触れられなくとも

その幸福が得られる人が他にいるならば

そこはいじっちゃダメだよ。

んとー。

そのウィルスを感染させた人は誰かは知らんが、

その人なりに社会に何かを訴えようとしたり

社会を変えようとしたのだろう。

けど、そこで考えられること。

自分はマジョリティのための政策で幸せになれないと悟ったら、

そそくさと社会に期待を寄せるなんて辞めて、

自分で幸せになる方法を考えようぜって思うわけよ。

だからここは宮台さんとは全く考え方が違う。

自分の生きる共同体に期待しない変わりに

自分なりに自分の幸せを自力本願で開拓する。

まぁ、地球は案外広くて

自分と同じような悩みを持つ人間は探せばどっかの国にいるさ。

私は「みんな」の代弁者にはなれない。だから「みんな」の住む社会を作ったり変えたりリフォームしたりする権利は無い。

だから、たまに社会に感謝する程度で

自分で生きていくしかない。

包括性のパラドックスに批判なんかしない。

自分の幸福に向けて誰にも理解されないような努力をすればいいだけ。

地球のどこかで

「この人と共同体を築けたら、私は自分がこの中にいる事を享受できるし、この人を幸せにしたいと願えるかもしれないし、自分の生活に責任をもてるし、もっと優しくなれる」

と思える人が出来たら嬉しいけどね。


社会学を覗きこんでミクロに考えて心理学(家族心理学)の話をすれば

私は自分がいた家族に

幸せも

成長も

優しさも

「一緒」という感覚も

認め合いも

何も期待出来なかったので、

マキャベリとフリードマンの思想にすがりつかまって、

資本主義社会と自己責任社会に感謝して

経済的自立が出来るようにまず共同体から抜け出すしかない。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。