スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活保護の減額について

みなさまこんばんは。

ひっっっさしぶりに時事に関するブログを書きます。

先月の27日、政府は生活保護費のうち月々の日常生活費に相当する「生活扶助」の基準額について、13年度から3年間で670億円減らす方針を決めた。
ここで私はこの決定を、「人権」という観点から考えたい。と言えども、私は人権という言葉の概念をよく理解していない。
元来、人権というものは市民革命の前夜に、それを正当化するべく作られたものである。欧米では、人権という概念が確立された歴史的背景がある。従って、彼らは権利には責任が伴う事も承知している。
しかし日本は、その様なプロセス抜きで、敗戦後に米国から概念のみを輸入した、従って、私のような人権というものの概念をいまいち感覚として把握できなかったり、責任を棚に上げて、憲法25条で保障されている文化的最低限の生活を声高らかに表明する者が現れる。
私は、そのような人と直接話した事が無いので肯定も否定もできない。しかし、公共の福祉という考え方があるのだから、生活保護受給者と納税者の、互いの権利のバランスを図る事が必要ではないかと私は考えている。
また、経済面ではデフレとの関連も視点として挙げる事ができる。つまり、デフレで物価が下がる中で、生活保護費が変わらないというのは、デフレによって買えるものの量が増えて得をしているという考え方である。
もしそうならば、今後国内のインフレ率が上昇した場合、どの様に生活保護費の見直しがなされるのか、追って見ていきたい。
最後に私は、心理学徒として、心理学観点からこの問題を捉えたい。これは私の憶測でしかないが、生活保護受給者の苦しみは、「現実的な経済的困窮の苦しみ」と、それに付随する「感情の苦しみ」に分けられると考えている。従って、受給者は一度、自分の生活を客観的に見つめ、どの苦しみは具体的にどう解決に導いていくか、どの苦しみに対しては誰から情報を得るか等を明確にすると苦しみも軽減するのではないかと考えている。
スポンサーサイト

宮台真司からの卒業

はい。卒業します。

今回こそホントです。

なんつーか、彼にゾッコンすることを辞めて、これからは彼の持論を客観的に見る感じ。

なんで卒業に至ったかというと、彼の考え方が自分の考え方に合わなくなったから。

共同体論

絆論

包摂論

衆愚論

JKのフィールドワークを辞めた理由

旧住民、新住民どーたらこーたら

もうね、息苦しいの。

パターナリズムもトップダウンも甚だしいの。

主観的決めつけもホント辞めてほしい。

私のJK時代の女子高生が面白くなくなったとかさ、

じゃあ宮台さんは私と話しても面白くないよ、って感じだよね。

あと、一番の大きな理由。

これはね、宮台さん全然関係ないの。

今年の初めに某カルチャーセンターで宮台さんが喋るからって

友人と言って来たんだけど、

私の座った席の前に背の高い人がいて、宮台さんが終始見えなかったんだよね。

なんていうか、経済心理学的に言えば、費用対効果だよねww

夜行バスに揺られて来たのに宮台さん見えないじゃん!

期待に反してのち、なんか急に宮台さんどーでもよくなっちゃったーwwwwwww

そして、晴れて自殺することなく宮台さんから卒業した私ですが、

精神的にすごくラクになりました。

1、社会上層部のことを気にしなくなった

2、排除されてる感覚が無くなった

まーそんな感じですね。

そんなこんなですが、

宮台さんのファンになって知った世界は本当に大きい。

宮台さんの本に出会って本当によかったと思う!

ありがとーございました!!

むだーい

南条あーやー

こっこー

coccoね

うん。

授業で出てきた言葉なの。

宮台真司さ、メンヘラ嫌いとかニコ動で、高学歴のおにゃのこに諭してたのに

coccoとか好きなんね。

宮台さん一貫性ないね。

あたしはやぱ、

そういう高学歴共同体用の宮台さんの営業用語を聞くと、

やっぱあちら側の世界はあたしとは違うんやなって思う。

高学歴のおにゃのこは人間で

あたいらは単なる学者の被験者であって、

んでもってマーケティングでいうところのターゲットなん?

こちら側の好みそうなワード並べ立ててビジネスモデル回して印税ガッポリとか

学者って。。。

つかあたしゎ何条あやとかこっことか好きじゃないってかどーでもいー

興味がない。

とりあえずただのモーソー発言なんで

そっとしておいてくださいw

週明けでなんかお疲れのブログ

おひさしぶりでん。

管理人は何をしていたかというとですね、

教授から借りた法廷ライブの本を読みながら、必死に犯罪心理学のレポートを仕上げておりましたん。

しかも!

犯罪心理学のテストで、法廷とかギャクソウ?とかなんかそんな内容が出てくるらしくて、

なきたくなってきます。。。

そんなこんなですが、まだ松井証券さんからパンフレットが届いておりませんのよ。

だから動けませんですの。

そして今月の目標ですが、

・株購入

・来月京都に引っ越すための準備

をしますですの。

京都で何すんの、って感じですが、

秘密ですのん♪

ま、色々やりますのよ。

計画中ですの。



さて。いつものニュース。

名古屋地検の「可視化」中止…容疑者が撮影拒否
読売新聞 7月2日(土)1時25分配信
 名古屋地検特捜部が初めて取り調べの録音・録画(可視化)を行っていた事件で、容疑者の拒否により、録音・録画が4日間で中止されたことがわかった。
 この事件は、愛知県弁護士会所属の弁護士、広嶋聡(さとる)容疑者(35)が成年後見人として管理していた財産を着服したとされる事件で、地検特捜部は1日、広嶋容疑者を業務上横領罪などで名古屋地裁に起訴した。
 捜査関係者によると、録音・録画は、6月16日の逮捕直後から19日まで行われ、大筋で容疑を認めた様子などが記録されたが、詳細な経緯や動機の追及が始まると、広嶋容疑者が拒んだ。特捜部が再開を求めても、応じてもらえなかったという。
 取り調べの可視化は、容疑者が拒否すれば行わないことから、今回、広嶋容疑者が録音・録画を拒否する場面も記録されていないという。こうしたケースでは、本当に容疑者の意思で拒否したかを巡り、公判などで争点になる恐れもある。

可視化って被疑者のためにあるものなのに。。。
拒否の意味がわからん。
恥な自分を撮られたくないとか?

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。