スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理学徒がナショナリズムについて問うてみる

最近、萱野教授が私の中でアツいです。

ちょうど一年前くらいに、萱野教授の講座を受けたのですが、

その後に宇宙人みたいな鬼才の学生に出会ったことで

萱野教授の存在がぽおおおんと記憶のかなたに消え去ってしまいまして。

「マジメな教授」くらいのイメージしかもっていなかったのですが、

最近よく名前を見かけるようになりまして、

(中野氏よろしくww)

ちょうど私が借りていた『<若者の現在>政治』という本に

執筆なさっていたので

読んでみることにしました。

内容としてはナショナリズムについて問うている内容なんですが、

心理学を大学で専攻する私として、

(そもそも愛国心もそうなんですけど)

ナショナリズムについて考えたことを公表することに、

少なからずの抵抗があるんですね。

理由として

1、心理学者は政治に基本疎いので、心理学徒はノンポリでいた方が平和(笑)

  中立以前に無知が最善ww

2、やはり私も心理学を専攻する身として、どんな身分の人間であっても、個々の人間、一人ひとりは、

  国の政策や思想により苦しむようなことがあってはならないという立場を取る

  (論壇者、学者、評論家でない限り、完全な左、完全な右、とはいかないだろう)

3、日々を心理学を勉強する時間に費やすので、政治面での自分の意見を語るまでの知識的リソース、

  情報的リソースが圧倒的に足りない

の3点が挙げられます。

だからかなり慎重に書きますね。

それから、たぶん変なことも書くかも知れませんけど、

そこは愛嬌ってことでね♪


さて。

萱野さんは左翼であり、ナショナリストなんだそうですな。

私の第一印象、あ、そういう立場を取ってもいいんだ、ってちょっと安心した。

あの本は全体的に、ネトウヨとかネトサヨとか、

若者は思想を語るときに、本来の議論とはかけ離れたところで居場所を作って安心しているみたいな

他者を叩くことで安心しているみたいな

そういう表面的で単純な図式で成立しているらしいのね。

だから、私がどれだけ政治を考えようが、

ぶっちゃけ若者のお祭り騒ぎには参加したくないww

デモとかそーいう若者の承認の場みたいな生ぬるいとこで思考停止したくないというか。

心理学徒がこんな偉そうでいいのか・・・?ww

怖いぞww

それから、萱野さんは、格差問題の背後にある労働市場のグローバル化について言及していたけれど

就職活動をしたことのある近頃の学生にとってそれは定説で、

そのうえで自分はどう動かねばならないか、というところまで考えなきゃいけないわけで。


アーネスト・ゲルナーはナショナリズムをこう定義しています。

「ナショナリズムとは、第一義的には、政治的な単位と

民族的な単位とが一致しなければならないと主張する一つの政治的原理である」



中曽根元首相が何か変な事ぼやいていましたけれど、

日本は単一民族国家ではない。

それでも、政治的単位と民族的単位が一致することで何かいいことがあるって考える人がいるから、

(財産相続、確保の意味で私もそう考える)

日本にもナショナリズム論が飛び交っているわけですよね。

間違ってたらごめんなさいね。



世界の格差の前に、政府は国内の格差についての問題解決に目を向けるべきじゃん?という考え方は、

国内の財産相続の考え方からくるのだと、私は思うのね。

(政治を勉強してる学生がどこまで自分の意見を公表しているのか、その尺度を何一つ知らないので、

 ここまでド素人の私がツラツラ書くの怖いんだけどww全部独学だし)

それから、私は主観的にルサンチマンで、格差についてはご立腹ですww

現在の日本社会の構造が保守的に固まってしまうと、ちょっと怖いですね。

年金問題をはじめとする、様々な政策の管理能力がここまで低いとか

信頼おけねーじゃんみたいな。

銀行が必死で信頼を商品として頑張って経営してるのに

政府は、国民の「政治的無関心」にあぐらをかいてるようにしか思えない。

まぁ国民も国民だよ。

中野氏のニコ動のコメントとかさぁ、

「ワロタ」「wwwwwww」「大島優子(キリッ」とかとりあえず同調しとけばぉkとかマジで思ってるワケ?

まぁ、中野氏をイケメンだの何だの言ってる私も変わりませんがねww



私が(もう主観的に書くけど)日本を愛して、日本人として能動的に生活したいと思ったのは、

政府を始めとする文明に自分の帰属意識、アイデンティティを置いたわけじゃなくて、

文化に置いたからですよ。

その、いち日本人である私の愛国心にあぐらをかいて

日本銀行は何をしでかしてるんですか。

政府は何をしてるんでしょーか。

私は、巷の若者のユートピア帝国でムラムラしてれば幸せだとは思ってませんからw

ここですね、萱野さんと私が違う立場を取るのは。

萱野さんのいうナショナリズムが、「日本人」というアイデンティティのシェーマを活性化させることにまで

言及はしないということ。

私は若者当事者で、自己承認の方法として、ナショナリズムを、

「日本人」というアイデンティティのシェーマを活性化させることにまで言及はする。

しかしそれにより他者を排除しない。

自己のアイデンティティを確立させた上で、他者のアイデンティティを理解し承認する、

という形を取りたい。

いわば、私のナショナリズムは、エリクソンの発達心理学でいうところの「自己同一性」を

確立させるための手段として用いている部分があるかもしれない

(これ書くと危ないですかねwwわっかんないわーどこまで書いていいんだろうね)。



そもそもの話なんですけど、私に政治を教えてくださった先輩が右寄りで、

それもあって私は小林よしのりの天皇論から政治の道を模索し始めたんですね。

で、日本の心療内科では家族制度のしがらみで苦しんでいるクライアントさんが多いらしいんだけど

家族制度ってのは天皇論とも繋がっている日本の特殊な政治的(化石的)政策で

わけのわからん家庭の歪みとか子どもの叫びとかが

どうやら少なからず国家と結びついている事に気付いて、

本当は心理学徒はノンポリが正しいんだろうけれど、

知っておいた方がいい知識とかもあるんだろうなと思って

でもそういう事言っちゃいけないのかなとか思って普段は言わないけどさ。

私は臨床心理学は疎いけど、

カウンセリングマインドとして日本は依然として「聴くこと」の重要性ばかりを謳うけど、

青少年は社会構造を知った方がスルっと心の問題が解決できることも多いんじゃないかなぁと思うんだよね。

どうなんだろー。



話を戻しますけど、反ナショナリズムを掲げる左翼やリベラル知識人たちは、

政治よりも道徳を上に置く傾向があるみたいだ。

ナショナリズムという絶対的な悪(とされるもの)からいかに身を引き離し、

自らの立場を清廉潔白にするかが最大のテーマとなるらしい。

・・・笑っていいかなぁwwwww

論壇クラスタも、自称意識の高い学生クラスタも変わんねーって思った。

私が自称意識の高い学生クラスタにいたときは、

やっぱシンプルでわかりやすい持論を持った学生に票がついた。

・アフリカの子どもたちに夢を!!

・恵まれない国に学校を!!

とかね。

学生はいいけどさー、

いい大人がさー、何、学生と同じことしてんの?って思っちゃう。



心理学徒がナショナリズムを問うことについて、

いささか抵抗があったし

色々反論もあるだろうとは思うし

心理学者を味方につけることもできなくて孤独だけれど

失敗できるのは学生のうちだし

若者当事者として言いたいこともあったから問うてみた。
スポンサーサイト

マイケルサンデルのツッコミどころ満載講義 そのさん

さあああああ次々いきますよおおおお!!

★教育と高度な能力

前回のミルの考えを復習します。

ベンサムの功利主義の考えを継いだジョン・スチュアート・ミルという功利主義者はこう言った。

2つの喜びのうち、両方を経験した者が全員道徳的義務感と関係なく迷わず選ぶ者があればより好ましい喜びである。

→人間は教育や高度な能力を備えると、人間は高級なものを取る、という仮説ができるわけですね。

相沢:(1)半径5メートルの、その場限りの喜びと、(2)パターナリズムによるマクロ的喜びと、両方経験していても、後者の重要性がわからなかったら、その後選択しないと思うんさ。この、選択させる判断材料って何なんだろう。私の個人的意見としては、後者という一種の未来への投資が水の泡になるというリスクを背負うくらいなら、前者を選ぶわーって思ったり。

あんど、その仮説にもう一つ疑問を投げかけるとすれば、その仮説の根拠はどっからくるのだろうか。

例えば、私の、いわゆる「高度な能力を必要とする」高級な喜びを得る理由としては、

他者との共通理解や共通知識を増やして色んな人と話したいから

なんだけど、そういう事を話す人は誰もいなかったんだよね。

なんか、高級な喜びは誰もが選択することが当たり前、みたいな感じで。

っていうか、その「高度な喜び」って具体的にどう定義づけられるの?


★ロバート・ノージック

うぃきより→ロバート・ノージックは、アメリカ合衆国の哲学者。

ノージックは疑問を人間に投げかけた。

「個人には権利がある。その権利はあまりにも強く、広範囲に渡るため、国家が行うことがあるのか、あるとすれば何か」

相沢:個々人の権利の交通整備だと思われる。

マイケルサンデルのツッコミどころ満載講義 そのに

さああああああてえええええ!!

続きです。

★ソーンダイク

功利主義には、以下の反論が上がった。

1、個人の権利が尊重されていない

2、すべての価値と好みを集計することは不可能なのでは

この問いに応えようとした心理学者がいた。その名はソーンダイク。

ウィキより→エドワード・L・ソーンダイク:アメリカの心理学者・教育学者。連合主義の一形式である結合主義の研究に独自に取り組む。教育評価の父としても知られる。

ま、簡単にいうとソーンダイクは行動主義心理学者の一人。

「望みであれ、満足であれ、ある程度存在していればどんなものでも測定は可能」とソーンダイクは考えたそうだ。

心理学者っぽい考え方だなあと相沢は思いましたww

方法として、色んな種類のイヤーな体験を、いくら払えばしてもいいと考えられるか、を測定したそうだ。

この研究方法に対しての疑問点として

※1、高級なイヤーな体験(例えばパターナリズムによる教育を受ける権利をしぶしぶ享受するとかね)と、低級なイヤーな体験(例えばビンタされるとかね)とを、区別すべきではないか

反対に言えば、高級な喜びと低級な喜びを区別すべきではないか

※2、貨幣という、単一の基準で測定できるものなのか

が挙げられた。

それで勝手にサンデルさんが、全て同じ価値基準で当てはめることはできませんよね

と言ったんですね。

相沢:ちょ、ま、この議論の流れで、挙げられた疑問点はそのまま研究の反証として立証できるの????

★神経生物学

ベンサムの功利主義の考えを継いだジョン・スチュアート・ミルという功利主義者はこう言った。

2つの喜びのうち、両方を経験した者が全員道徳的義務感と関係なく迷わず選ぶ者があればより好ましい喜びである。

このミルの意見を支持する根拠として、ある学生はこう言った。

「ネズミの脳には強烈な快楽をもたらす神経があり、この神経を刺激する方法を学んだネズミは、食べることも忘れて死亡する。それだけ強烈な快楽を得られるから。しかし人間は、長い目で見る能力が備わっているため束の間の強烈な快楽に溺れるネズミであるよりも、高級な喜びを享受する人間でありたいと考えるはず。」

相沢:うをを、神経生物学視点から哲学者の持論を支持するという形が面白い!!ただ、「人間は、長い目で見る能力が備わっているため」ということのその前提として、なんで人間はそのような能力が備わったのかしら。そこを考えると、心理学のゲーム理論や、対人行動論や、社会的協同行動の話にも繋がっていくのかもしれないと思った。

マイケルサンデルのツッコミどころ満載講義 そのいち

マイケルサンデル知ってます?

知ってますよね。

私、実は彼の本を読んだことが無いのです。

正義とかマジどっかでやってくれよあたしカンケーネーシwwみたいな感じでしたww

でもまぁ、常識として知っていたかったので、実家で母親にサンデルさんの番組を録画してもらって、

今日初めて見たんですね。

結構面白かったですよ。

私は政治哲学なんてナニソレ喰えんの状態なので、

見ていて新鮮で面白かったです。

それから

私が生活してきた世界とは全く別の議論だったので、

シロート目線でツッコミどころ満載だったので、それを書こうと思います。

マイケルサンデルに詳しい方はどうぞ私のブログの画面に向かってツッコんでください♪



それではまず。

★帰結主義と行動主義

帰結主義者とは行為の帰結に道徳性を求める、ということでしたが、

相沢:帰結主義と行動主義の違いというのは、

その行動に意味を持たせるか否か、ではなかろうか。


★定言的

定言的とは、哲学で家庭・条件を設けず、無条件に主張するさま。

相沢:それただの逃げじゃん?その無条件の根拠はどこだよどっからそんな言葉来てんだよww誰もこの理論で腑に落ちないんじゃん?

★ベンサムの功利主義

相沢:ベンサムのいう効用の最大化って、日本の社会保障の問題の話に繋がると思う。若者の所得が高齢者に再分配される国家のOSのカラクリっていうのは、結局高齢者の投票率が高いため、「建前としての民主主義社会で投票した者を国民とみなし、その狭義の意味での国民の効用の最大化」を図っているのだと考えれば、まぁ繋がるわけで。

もう一度書きますww

若者の所得が高齢者に再分配される国家のOSのカラクリっていうのは、結局高齢者の投票率が高いため、「建前としての民主主義社会で投票した者を国民とみなし、その狭義の意味での国民の効用の最大化」を図っている!!!!


↑なんか演出の仕方がネトサヨみたいになってもーたww

★心理状態

ある学生の意見「非日常での場合、正常な心理状態じゃなかったらこの行動は許せる」

相沢:ってオイ、それ、「正常ではない心理状態」ってただの逃げ言葉じゃん!印象論と心理学的視点は分けて考えよーぜー。

しかも。「正常ではない心理状態」→「ブラックボックス(未知なる聖域)」→「その行動は許せる」って流れだとして、そのブラックボックスには精神科医による聖域の精神鑑定があるワケよね?そこ、開かれるべきでしょ?私たちはもっと知るべきでしょ。


★効用の最大化

相沢:現状の効用の最大化というのは、未来に投資をするという考えは含んでいないという事かい?「今を生きるぜメメントモリだぜベイベーーーーー」的スタンスで政府が運営されているのか?

続きはのちほど。。。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © ゆうかのおつむ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。